【広島】ブレイクエッジビアワークス:「サラダデイズ」を樽で飲みました~

ブレイクエッジビアワークス(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、広島県は広島市にある『Break Edge Beer Works(ブレイクエッジビアワークス)』さんから「Salad Days(サラダデイズ)」を樽(ドラフト)で飲みましたでご紹介したいと思います。前回は飲みやすいWCIPAの『Stand Still(スタンドスティル)』でしたが、今回はヘイジーなDDH IPAとの事✨。さて、どんな感じでしょうか😄

ブレイクエッジビアワークス(トップイメージ)_01

『Break Edge Beer Works(ブレイクエッジビアワークス)』Salad Days(サラダデイズ) 詳細

ビール名:Salad Days(サラダデイズ)
ブルワリー名:Break Edge Beer Works(ブレイクエッジビアワークス)
ビアスタイル:DDH IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:???
facebook:Break Edge Beer Works(ブレイクエッジビアワークス)

コチラがその「Salad Days(サラダデイズ)」のビール画像です。

ブレイクエッジビアワークス(サラダデイズ)_01

「Salad Days(サラダデイズ)」飲み応えレビュー

見た目は、奇麗で濁りのある鮮やかな黄色オレンジ
香りは、トロピカルさにちょいグラッシーな感じも!?
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は舌中で残る方かな。また求めてる甘さはなし。そして柑橘ホップフレーバーとやはりグラッシーさがちょい感じるが、ジューシーさも感じれるし飲み後の甘やかさに加え、後に弱めなエグみの様なホロ苦さも好ポイント。ボディはライトで濃さはないが深みがあり、飲みやすく飲み応えしっかり。ビアっぷるは好みな方のビールでした✨

鮮やか色味に優しくジューシーさが…

この「Salad Days(サラダデイズ)」ですが、ホップはシトラクライオにシムコーとモザイクの3種類。その他原材料はわからずも、ラクトースを加え醸造されたDDH IPAとの事。なるほど、ビアっぷるが感じる“グラッシーさ”は、モザイクホップ由来からかな?と思ったが苦手意識はほぼなく、柑橘っぽい爽やかさ。そしてアルコール度数7.0%でジューシーさが持続しつつ、ライトでも飲みやすい。初飲みだった『Hold Your Ground(ホールドユアグラウンド)』と比べても、今回の方がビールバランスも含めてUPを感じれた印象。とどめにファーストインパクトで大切な見た目は鮮やかなオレンジ黄色は醸造技術の賜。あまり飲める機会が少ないブルワリーさんだが、色味もかなり奇麗だったヘイジーダブルIPAの“Filler(フィラー)”と“Do Something(ドゥーサムシング)”等を飲んでみたいな…是非また機会があれば、様々なビールを飲ませて頂きたいと思うビアっぷるでした😍。

はい、という事で今回は、広島県広島市にある『Break Edge Beer Works(ブレイクエッジビアワークス)』さんから「Salad Days(サラダデイズ)」をご紹介しました。ジューシーで鮮やかオレンジ黄色の優しく飲みやすいビール🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る