神奈川県川崎市のTKBrewingから「シトラ トリペル」と「初夏の誘惑」を樽で飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、昨日NE-IPAを紹介した衝撃的だった新規ブルワリーのTKBrewingさんですが、
今度は飲んだ残り4種類の内、「シトラ トリペル」と「初夏の誘惑」を
紹介したいと思います。因みにタイトル画像はシトラ トリペルです^^;

ブルーパブ名:unicoA TKBrewing直売所
ブルワリー名:TKBrewing(ティーケーブリューイング)
住所:神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unico A 1F
facebook:https://www.facebook.com/TKBrewing.jp/
営業日:金17:00~21:00、土13:00~21:00
※詳細は公式サイトでご確認くださいませ


ビール名:Citra Tripel(シトラ トリペル)
ブルワリー名:TKBrewinng(ティーケーブルーイング)
スタイル:トリペル
アルコール度数:8.0%
IBU:55

画像はコチラ

見た目はやや透き通り感はそこまでないですね。
香りですがハチミツの様な甘い感じの香りは意外(@_@)
飲み口ですが舌の上でホップの苦みを感じるが喉を通る時には
スーッと苦みが消えて残らない。
また鼻に抜ける香りも良くビアっぷるの好みに近い方だが、
厚木ビールさんのアビィ トリペルの方が甘味があり好みかな^^;

そして、


ビール名:初夏の誘惑
ブルワリー名:TKBrewinng(ティーケーブルーイング)
スタイル:セッションIPA
アルコール度数:4.0%
IBU:30

画像はコチラ

見た目はこちらも透き通り感は少ないですね。
香りですがホント僅かにホップを感じるが香りはないに近い。
飲み口は苦みは少なくやや水っぽいかな?
シトラトリペルのインパクトが強すぎて軽いビールだけに
良さを掻き消されたかもしれないが薄く感じて、
ビアっぷるの好みではないかな^^;

今回はこの2種類の紹介となりましたが、
ニューイングランドIPAに加え他のスタイルでも良さを感じるのは、
ビアっぷるの舌にかなり合うブルワリーさんなんでしょうね。
はい、このシトラ トリペルはもう1度飲みたいと思いました。

因みに全8種類中、

・アメスタ
・スマッシュセゾン

の2種類は後日紹介しますね~
そして皆さんも機会があれば、是非TKbrewingを飲んでみてくださいね

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Hobo Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、北海道札幌市のファントムブルワリー…
  2. ヤッホーブルーイング(僕ビール、君ビール。満天クライマー)その1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、昨日発売されたヤッホーブルーイング…
  3. 忽布古丹醸造(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(…
  4. 松本ブルワリー(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は『前編』に続き『後編』となりま…
  5. 志賀高原ビール ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は長野県は下高井郡にある『志賀高原ビー…
ページ上部へ戻る