【熊本】アマクサソナービール:「ソナーIPA エピソード1」をボトルで飲みました~

アマクサソナービール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログでは初登場のブルワリーさんです。熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより、「SONAR IPA Episode1(ソナーIPA エピソード1)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。もう1本別のビアスタイルがボトルで控えてますが、今回はヘイジーIPA。樽(ドラフト)で飲める機会が無くなったのでボトルでの紹介も出てきます…ご了承下さいませ😅

アマクサソナービール(ソナーIPA エピソード1)_イメージ01

『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』SONAR IPA Episode1(ソナーIPA エピソード1) 詳細

ビール名:SONAR IPA Episode1(ソナーIPA エピソード1)
ブルワリー名:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:31
URL:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
facebook:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
※定番ビールですが限定醸造カテゴリに入れます

こちらが「SONAR IPA Episode1(ソナーIPA エピソード1)」のビール画像になります。

アマクサソナービール(ソナーIPA エピソード1)_ボトル01
アマクサソナービール(ソナーIPA エピソード1)_ボトル02

SONAR IPA Episode1(ソナーIPA エピソード1)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りはあるが黄色ではなく濃いブラウン系です
香りは、柑橘のホップ感とトロピカルさを感じるかな
飲み口は、ホップの苦味と持続性に関しては共にないほとんど感じかな。また求めてる甘さはない。そして真っ先に何故か強めの酸味を感じ、その後にホップ由来であろう柑橘フレーバーが押し寄せて来る。飲み後には甘さはなく、独特さを感じるモルトさに舌奥で粉っぽさが残る感じかな。ボディはミディアム寄りのライトで飲み応えはあるのだが、“ヘイジーらしさ”は?とこの微妙な“酸味”は?…という事で、残念ながら好みではありませんでした💦

自社栽培のホップは17種類!?…

この「SONAR IPA Episode1(ソナーIPA エピソード1)」ですが、2020年の3月に醸造免許取得し、2020年の5月頃に販売開始された新規ブルワリーさん✨。そして醸造1周年を迎えて醸造されたというフラッグシップのヘイジーIPAの様ですね。また、ホップは無農薬で17種類?を国内自社栽培してるとの事で、今回のビールにはシムコーにカリプソ、エクアノットにモザイクホップを4種類使った様ですが全て自社なのかな?。そして原材料にはラクトースを加えヘイジーでホッピーに仕上げたヘイジーIPAとの事。今や新規ブルワリーさんでもレベルの高いブルワリーさんが多い上に国産ホップで醸造ですからね、地産地消は理想ですが…理想の🍺と売れる🍺は違うと思うビアっぷるなだけに本当に大変だと思いますが頑張って欲しいですね✨😄

やはり樽(ドラフト)で飲みたい…

そして🍺ですが、国産ホップにしては独特な感じもないとは思いましたが、ここからは人の舌は十人十色という事で。敢えて公式の🍺コメントの記載を敢えて控えさせて頂きますが、ホッピーさ、ヘイジーの特徴であるジューシーさ、モルトのカラメルの様なコク、後味のキレのある苦味に対してコメントと相反するが…ほぼ感じれなかった💦。ビアっぷる的には香りでヘイジーさの“トロピカルさ”と、モルトさも感じる“飲み応え”は感じれたかな😅。しかし、人の舌は十人十色もここまで感想が異なるのはビックリですが、完成した時からこんなに味が変わったという事か?それともボトルだからか…?と気になるのだが、何れにせよ初めて飲んだブルワリーさんの🍺で且つフラッグシップビールは好みとならず。だが、フラッグシップビールだからこそ、やはりビアっぷる推奨の樽(ドラフト)で飲みたいと思ったビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより、「SONAR IPA Episode1(ソナーIPA エピソード1」をご紹介しました。舌は人それぞれです、自身の舌で確認すべく、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. two rabbits brewing(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、滋賀県は近江八幡市の『Two Ra…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、愛媛県は松山市にある『DD4D B…
  3. RISE&WIN Brewing(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、徳島県は上勝市にある『RISE&a…
ページ上部へ戻る