【奈良】長龍クラフトビール:「インペリアルIPA」を樽で飲んでみました~

長龍クラフトビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、奈良県は北葛城郡にある『CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)』さんより「Imperial IPA(インペリアルIPA)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はかなり好みな方の『ROGGEN(ロッゲン)』でしたが、今回は樽(ドラフト)のみのリリースというハイアルIPAですね。さて、どんな感じでしょうか😊

長龍クラフトビール(インペリアルIPA)_イメージ01

『CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)』Imperial IPA(インペリアルIPA) 詳細

ビール名:Imperial IPA(インペリアルIPA)
ブルワリー:CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)
ビアスタイル:インペリアルIPA
アルコール度数:9.0%
IBU:45
URL:CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)
facebook:CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)

こちらが「Imperial IPA(インペリアルIPA)」のビール画像になります。

長龍クラフトビール(インペリアルIPA)_01

「Imperial IPA(インペリアルIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのあるブラウン系という感じでしょうか
香りは、熟した感じが入り混じる複雑なフルーティーさ
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性として舌先・喉奥でも残る方かな。また求めてる甘さはややあり。そしていちじくっぽい熟れた感じのフルーティーさと、コチラも熟れた感じの蜜柑っぽさが後追い。飲み後の甘さはある程度感じ、温度上昇でホップの苦みはちょいUPと同時にアルコール感もUP。ボディはミディアム寄りのライトでやや飲み応えは感じるが、アルコールさの余韻がだいぶ残り残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

日本酒寄りなアルコールさ?

この「Imperial IPA(インペリアルIPA)」ですが、ホップはモザイクにシムコー、ネルソンソーヴィンにポラリスの4種類を使用。モルトや酵母等は不明で、その他原材料に糖類等を加えず醸造されたインペリアルIPAですね。さて、感じ方は人それぞれですが、今回のビールは“熟れたフルーツさがフレーバーと味わいに残り、日本酒寄りと思わせる9%のアルコールさがツンではなくジワジワ余韻と共に追いかけてくる”という感じでしょうか😅。敢えてパイントで飲ませて頂いた今回だが、フルーティーな味わいを楽しむというのは正味1/3くらいまでで後はアルコールの部分が温度上昇と共にグッと引き立ってくるのが印象的。また、スタイルは違えど以前飲ませて頂いた『新米新麦酒 2023(インペリアルライスラガー)』とビールのベース感がかなり類似しており、おそらく“甘さ控えめでスッキリなハイアルを求める方”にはしっくりくるのではないでしょうか。このビールはどうやら樽(ドラフト)のみのリリースで、ビアバーさんか、ちょうど先週?2周年を迎えられたという

長龍ブリューパーク(2周年ロゴ)_01new

長龍ブリューパークさんでしか飲めないはず(飲めたらすいません😅)。そのブリューパークさんへはビアっぷるも“現地”へお邪魔した事もありますが、めちゃくちゃきれいで開放感があり心地よさ満載な場所✨。是非興味のある方はそちらへ足を運んでみてはいかがでしょうか😊 

はい、という事で今回は『CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)』さんより「Imperial IPA(インペリアルIPA)」をご紹介しました。熟れたフルーツさとアルコールさを感じるインペリアルIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. ブルークラシック(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、石川県は金沢市にある『Brew C…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る