【静岡】ウエストコーストブルーイング:「ブラックマーケットトレーダー 2024ver.」を樽で飲んでみました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんから「Black Market Trader 2024ver.(ブラックマーケットトレーダー)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Riwaka Ride(リワカライド)』で最新のホップキーフを感じてみましたが、今回はWCBさんの久しぶりなサワー🍺。さて、どんな感じでしょうか😊

ウエストコーストブルーイング(ブラックマーケットトレーダー2024ver.)_webフライヤー01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』Black Market Trader 2024ver.(ブラックマーケットトレーダー) 詳細

ビール名:Black Market Trader 2024ver.(ブラックマーケットトレーダー)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:ケトルサワー
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「Black Market Trader 2024ver.(ブラックマーケットトレーダー)」のビール画像です

ウエストコーストブルーイング(ブラックマーケットトレーダー2024ver.)_01

「Black Market Trader 2024ver.(ブラックマーケットトレーダー)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるやや明るめなピンクグレープフルーツ的な感じ
香りは、やや主張する酸味とほのかなトロピカルさが優しく
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性としてはそこまでなし。また求めてる甘さなし。そしてグレープフルーツっぽさをグッと感じた後に爽やかなレモンっ?柑橘さも後追い。ただ…甘やかさのある加糖?っぽい独特な甘酸っぱい味わいと、果汁さは感じるがジューシーさとはまた別の感じは気になる。飲み後には甘さがなく、温度上昇でホップの苦みは変わらず。ボディはライトで飲み応えは感じるが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

最先端なブルワリーの1つ

この「Black Market Trader 2024ver.(ブラックマーケットトレーダー)」ですが、以前2020年の9月に飲ませて頂いてる『Black Market Trader(ブラック・マーケット・トレーダー)/2020ver.』が最後。当時はビアスタイルがフルーツサワー表記で、その後リリースされたかは??だが久しぶりな今回は“ケトルサワー”表記ですね。そんな今回は、ホップやモルトの種類まで不明。その他原材料にはタルトチェリーとピンクグアバの果汁を使い、酸味料を加え醸造されています。さて、先ず2020ver.の味わいが珍しくも記憶に残っておらず…比べる事ができない😅。という事で、最新のブラックマーケットトレーダーの感想を。感じ方は人それぞれですが、気になったのが…果汁さはあれどジューシーさがなく、加工っぽい独特な甘酸っぱさと味わい”に感じた。言葉では難しいが、爽やかな甘酸っぱさというより加えた“酸味料”の影響もあるのか?フルーツ由来等で感じる純粋な酸味とは違い、“独特な酸味”に感じた。また、果汁を使用されてるが確かにフルーツ由来の果汁さは感じる。が、大変申し訳ないが加工品の果汁なのか?フレッシュな感じがせず+加糖されてる印象。という事でその2つから、“加工っぽい独特な甘酸っぱさ”に繋がってると感じてしまった今回。実際どんな果汁かはわからないが…そう感じたのは事実で、好みは人それぞれなので悪しからずという感じです。ただ、間違いないのは常にこの業界では最先端を走るブルワリーさんの1つ。今後も新鮮なホップや醸造設備のパワーアップ、新たな造り等など常に進化させていきながら挑戦をして頂き、出来る限り飲み手を唸らせる・楽しませてくれる事を期待しているビアっぷるでした😊

はい、今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの「Black Market Trader 2024ver.(ブラックマーケットトレーダー)」をご紹介しました。グレープフルーツさと甘さを感じるケトルサワー🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ジョウゾビアベース(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、徳島県は阿南市にある『JouZo …
  2. 寒菊ブルワリー(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、千葉県は山武市にある『Kankik…
  3. シュレッドビールカンパニー(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、海外ビールとなりますがこのブログで…
ページ上部へ戻る