【アメリカ】Revision Brewing:「Reno As Fuck」を樽で飲みました~

リビジョンブルーイング(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、アメリカはネバダ州にある『Revision Brewing(リビジョンブルーイング)』さんから、「Reno As Fuck(レノ アズ ファック)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。かなり久しぶりなリビジョンさんの🍺ですが、樽で飲める機会があったのでヘイジーを飲んでみました😅

リビジョンブルーイング(イメージ)_01

『Revision Brewing(リビジョンブルーイング)』Reno As Fuck(レノ アズ ファック) 詳細

ビール名:Reno As Fuck(レノ アズ ファック)
ブルワリー名:Revision Brewing(リビジョンブルーイング)
原産国:アメリカ
ビアスタイル:Hazy DIPA
アルコール度数:8.4%
IBU:23
URL:Revision Brewing(リビジョンブルーイング)
facebook:Revision Brewing(リビジョンブルーイング)

こちらがその「Reno As Fuck(レノ アズ ファック)」のビール画像です。

リビジョンブルーイング(Reno As Fuck)_01

Reno As Fuck(レノ アズ ファック)」飲み応えレビュー

見た目は、にごにごのオレンジ黄色という感じでしょうか
香りは、トロピカル感が立つヘイジーさでWCBさを感じる
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は舌奥で残るがそこまで強くはないかな。また求めてる甘さはない。パッションフルーツやパイナップルさを感じるトロピカルさにシトラスさの爽やかさ、味には後追いでマンゴーさも加わる様なトロピカル感が再度追いかけてくる。ただ苦味よりエグみを感じるし、ボディはミディアムだがやや“水っぽさ”を感じビアっぷるには飲み応えと甘さが物足りず。残念ながら好みではありませんでした💦

日本で人気のブルワリーさんだが…

この「Reno As Fuck(レノ アズ ファック)」ですが、ホップはシトラとシムコー、そしてモザイクホップを使ったヘイジーDIPAですね。原材料は特に加糖されてる感もなさそうでしたが、そこはわからず。この🍺の良さは、見た目の鮮やかな色と濁り、そしてパッションフルーツやパイナップルの様なトロピカルさとシトラスなフレーバーが際立つ印象で期待したが…以前も同じ様な事を思った記憶があるが、やや“水っぽく”感じてしまうのはビアっぷるだけだろうか?👀。造り方と言われてしまえばそれまでだが、WCBさんのヘイジー系だと水っぽいなんて感じる事がほとんどなく、毎度飲み応えが出ているし甘さを加糖されてなくても甘さを感じる事が多い。トロピカルで甘さがかなり控えめ、そして飲みやすさを求めてる方には合うかもしれませんね。何せアルコール度数8.4%を感じさせない飲みやすさは良かったので。ただ薄く感じてしまうビアっぷる…醸造に関して興味がない上に知識がない分表現が難しいが、日本人の舌にはかなり好まれてるブルワリーさんですし、好みは人それぞれもやはりリビジョンさんのビールは舌に合わないんだろうな💦。また期間を空けてから改めて新たなヘイジーを飲んでみたいと思います。

カジノシティ!?…$✨

ビール名にある“Reno”って言うのが気になりましたが、どうやらリビジョンさんがあるネバダ州にある街の名前だそうですね。因みにこの場所はラスベガスに次ぐカジノで盛んなカジノシティの様です💰✨。そうかこの🍺を飲みながら…って、8.4%のアルコールを感じさせない飲みやすさですしその勢いでカジノをしてたらMAXハイテンションで💀💣💀…って、🍺も💰も危険かも…😅

という事で今回は、アメリカは州にある『Revision Brewing(リビジョンブルーイング)』さんから、「Reno As Fuck(レノ アズ ファック)」を紹介しました。日本では大人気のブルワリーさんですし、人の舌は十人十色。皆さんももし機会があれば自身の舌で感じてみましょうね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  2. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  3. パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となります。神奈…
ページ上部へ戻る