【鳥取】大山Gビール:「ウィートワイン2022」を樽で飲んでみました~

大山Gビール(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、鳥取県は西伯郡にある『大山Gビール』さんより「Wheat Wine 2022ver.(ウィートワイン2022)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は大山さん初醸造の『Hazy IPA(ヘイジーIPA)』でしたが、今回はビアっぷる的に大山Gビールさんと言えばのインペリアルスタウトとバーレーワインともう1つの“ウィートワイン”✨。さて、どんな感じでしょうか😄

『大山Gビール』Wheat Wine 2022ver.(ウィートワイン2022) 詳細

ビール名:Wheat Wine 2022ver.(ウィートワイン2022)
ブルワリー:大山Gビール
ビアスタイル:ウィートワイン
アルコール度数:9.0%
IBU:40
URL:くめざくら大山ブルワリー
facebook:Daisen Brewery(大山ブルワリー)

こちらがその「Wheat Wine 2022ver.(ウィートワイン2022)」のビール画像です。

大山Gビール(ウィートワイン2022)_01

「Wheat Wine 2022ver.(ウィートワイン2022)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁の深みのある山吹色という感じでしょうか
香りは、ちょいアルコールさと優しい麦っぽさが心地よい
飲み口は、ホップの苦味は穏やかで持続性はそこまでなし。また求めてる甘さはあり。そしてもモルトや小麦由来であろう甘やかな感じと華やなフレーバー。飲み後には甘さがあり、温度上昇でホップの苦味はホト苦さへ。ボディはミディアムで飲み応えはあるが、アルコールさが気になるのと、全体的にまだ若さを感じてしまう。残念ながら好みには至りませんでした💦

ボトルで熟成も推奨

この「Wheat Wine 2022ver.(ウィートワイン2022)」ですが、ホップの種類はわからずでその他原材料は大麦と小麦を使用し醸造されたウィートワインですね🍺。今回で15回目と長きに渡り、醸造されてるハイアル熟成ビールの1つ。因みにこのブログでは、『Wheat Wine 2019(ウィートワイン2019)』を2020年にボトルで飲ませて頂いたのを紹介させて頂いてますが一時はほぼ毎年飲ませて頂いた時期がありました。今回は久しぶりに樽(ドラフト)で飲ませて頂いたが、結論『若さを感じた』という印象。感じ方は人それぞれだが、濃さや深みを感じれたバッチの時を知ってるだだけにビアっぷるとしては、奥深さや甘さにバーレーワインとは違う芳醇さ等など全体的にやや物足りなさを感じてしまったのが本音。基本樽(ドラフト)推奨派だが、ボトルでこそ更に熟成させ良さがでるのがこのビールの特徴でもあり強み。公式サイトで330mlで770円(税込)と、ハイアル9%に原材料が高騰してる中でも断然コスパ良し✨。特にインペリアルスタウトとバーレーワインにこのウィートワインを複数本ずつ購入し、1年に1本ずつ飲んで変化の違いを感じるという飲み方を推奨したいビアっぷる。樽(ドラフト)とは違う、ボトル熟成に興味のある方は是非お試しあれ~😄

はい、という事で今回は、鳥取県は西伯郡にある『大山Gビール』さんより「Wheat Wine 2022ver.(ウィートワイン2022)」をご紹介しました。モルトや小麦のアロマやフレーバーが華やかなウィートワイン🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. グランドラインブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回はこのブログで初登場のブルワリーさんで…
  2. ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_03new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black…
  3. ティーンエイジブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、埼玉県は比企郡にある『Teenag…
ページ上部へ戻る