【兵庫】 オープンエアブルーイング:「リキッドトロピックス」を樽で飲んでみました~

open air brewing(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、兵庫県は神戸市にある『Open Air Brewing(オープンエアブルーイング)』さんから「liquid tropics(リキッドトロピックス)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。久しぶりのオープンエアさんですが、前回は『Cosmic Cat(コスミックキャット)』のヘイジーペールエールから一転、今回はサワーですね✨。さて、どんな感じでしょうか😄

オープンエアブルーイング(リキッドトロピックス)_イメージ01

『Open Air Brewing(オープンエアブルーイング)』liquid tropics(リキッドトロピックス) 詳細

ビール名:liquid tropics(リキッドトロピックス)
ブルワリー名:Open Air Brewing(オープンエアブルーイング)
ビアスタイル:マンゴーパッシュオンフルーツサワー
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:Open Air Brewing(オープンエアブルーイング)
facebook:Open Air Brewing(オープンエアブルーイング)

こちらが、「liquid tropics(リキッドトロピックス)」のビール画像です。

オープンエアブルーイング(リキッドトロピックス)_01

「liquid tropics(リキッドトロピックス)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのある明るめな山吹色っぽ感じ
香りは、爽やかな酸味とフルーツっぽさ
飲み口は、ホップ苦味は控えめで持続性はなし。また求めてる甘さもなし。そして絶妙な爽やか酸味を感じつつ、トロピカルな感じのフルーツ感。飲み後には甘酢っぱさの酸味よりでホップの苦味というよりちょいエグみっぽさが残るかな。ボディはライトで飲みやすさはあり飲み応えもしっかり。全体的なバランスも整ってる印象でっビアっぷるは好みな方のビールでした✨。

炎天下でグビグビ推奨なサワー

この「liquid tropics(リキッドトロピックス)」ですが、ホップはヒュールメロンのみ。モルトはピルスナーとウィートに酵母はS-04。その他原材料にはマンゴーとパッ損フルーツを使用し醸造されたマンゴーパッションサワーですね。なるほど、飲んだ瞬間にトロピカルな感じはわかれど、フルーツがどれとは言い切れなかったビアっぷる。原材料をわかってみればマンゴーとパッションフルーツって感じでしたしあの絶妙な甘酸っぱさが心地よさを感じさせてくれました😅。ふとこのビールを飲んでる最中に思ったのが、夏の炎天下でグビグビって飲むと爽やかな酸味がより一層合うと思います。対して1点、温度が上がると味が垂れてくる印象からも“冷たさ”を維持できるMサイズで飲まれる事を推奨したいビアっぷるです✨。今後ブラッシュしていけるならば、ビアっぷるが好みな『Sansho Gose(山椒ゴーゼ)』の様に温度が上がっても状態が維持できる感じが理想。再度リリースがあった際には改めて飲ませて頂きたいと思っているビアっぷるです😄

はい、という事で今回は、兵庫県は神戸市にある『Open Air Brewing(オープンエアブルーイング)』さんから「liquid tropics(リキッドトロピックス)」をご紹介しました。トロッピカルで甘酸っぱさの酸味よりなサワー🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ(ロゴ)_03NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  2. クラフトビールと交野の地酒フェス2024(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は大阪のビアイベントのご紹介です。大阪…
  3. インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkh…
ページ上部へ戻る