【北海道】鬼伝説:「金鬼ペールエール(ルミノサシングルver.)」を樽で飲んでみました~

のぼりべつ地ビール鬼伝説(ロゴ1)_NEW2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんから「金鬼ペールエール(ルミノサシングルver.)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『NEW富岸IPA(とんけし)』でしたが、今回は新種のホップというルミノサを使用したペールエールですね✨。さて、どんな感じでしょうか?😄

『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』金鬼ペールエール(ルミノサシングルver.) 詳細

ビール名:金鬼ペールエール(ルミノサシングルver.)
ブルワリー:のぼりべつ地ビール 鬼伝説
ビアスタイル:ペールエール
アルコール度数:5.5%
IBU:40
URL:わかさいも本舗
facebook:わかさいも本舗(鬼伝説)

こちらがその「金鬼ペールエール(ルミノサシングルver.)」のビール画像です。

のぼりべつ地ビール鬼伝説(金鬼ペールエール/ルミノサver.)_01

「金鬼ペールエール(ルミノサシングルver.)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーで奇麗な黄金色
香りは、甘やかさとやや桃っぽさもあるかな
飲み口は、ホップの苦味は控えめだが持続性として舌先でやや残るかな。また求めてる甘さは微あり。そして柑橘っぽさが強めに出てる印象はあるもののその他特徴がピンとこず。飲み後のほのかな甘さを感じつつ、ホップの苦味は平行線。ボディはライトで飲みやすい反面やや水っぽさも感じるのと飲み応えは物足りず。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

新種ホップのルミノサは…

この「金鬼ペールエール(ルミノサシングルver.)」ですが、ホップは冒頭にもお伝えした通りで新種のLuminosa(ルミノサ)をシングルで。ブルワーさんが相性を鑑みて酵母はロンドンエールⅢを使い醸造されたペールエールとの事。ええ、その新品種ですが2022年に販売が許可されたオレゴン産のホップで、特徴は『桃や洋梨な感じ』の様です。今回鬼さんの公式には『レモン感やトロピカル南国フルーツ系の感じ』という感じで仕上がった様です。ビアっぷるは当然ながらコメントは見ない状態では“柑橘系”という感じで何度も確認したがしっくりこず。そんな中、鬼マニアのビア仲間から『レモンドロップ』っぽい…の一言。柑橘系にもオレンジもあればグレープフルーツもあればレモン等など幅が広いだけに、ビアっぷるには『おおおおおおお!』という感じで正にドンピシャ✨。感じ方は人それぞれですが、知り方はどうであれこう自身にしっくりくるとモヤモヤが晴れましたし、さすが鬼さんの信頼できるシングルホップペールでした😁。しかしここ最近新品種が多いな…少し前にネクタロンがあり、先日はクリスタルジェム。そして今回。ブルワーさんとしてはホップの数値で違いがあれど、飲み手のビアっぷるにしてみれば、ここ最近の新品種の特徴は今までとコレといった変わらずという感じで驚きはなし😅。致し方ない事かもしれないが、国内にはほぼない海外に特徴のあるホップが眠ってるかもしれない…そういうのを是非知りたい、感じてみたいなぁ~と思うビアっぷるでした。

はい、という事で今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんの「金鬼ペールエール(ルミノサシングルver.)」をご紹介しました。レモンっぽさを感じれた新品種ホップルミノサ🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkh…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、アメリカはニューヨーク州にある『O…
  3. 明石麦酒工房 時(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場のブルワリーさん…
ページ上部へ戻る