ケン・イシイ×RISE & WIN Brewing Co.:「KIKK IPA 2020」をボトルで飲みました~

RISE&WIN Brewing(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、徳島県は上勝市にある『RISE&WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)』さんより、テクノDJ等で有名(別名:東洋のテクノゴッド)な日本を代表する“ケン・イシイ”さんとのコラボビール「KIKK IPA 2020(Ken-Ishii-Kamikatz IPA 2020)」をボトルで飲みましたでご紹介したいと思います。これビア仲間よりプレゼントで頂いたNE-IPAですが、酵母が酵母なだけに…と、飲まず嫌いはNGなので飲んでみました😅

RISE&WIN Brewing(KIKK IPA 2020)_イメージ01

『ケン・イシイ×RISE & WIN Brewing Co.』KIKK IPA 2020 詳細

ビール名:KIKK IPA 2020(Ken-Ishii-Kamikatz IPA 2020)
ブルワリー名:RISE&WIN Brewing co.(ライズアンドウィン ブルーイング)
ビアスタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:60
URL:RISE&WIN Brewing co.(ライズアンドウィン)
facebook:RISE&WIN Brewing co.(ライズアンドウィン)

こちらが「KIKK IPA 2020(Ken-Ishii-Kamikatz IPA 2020)」のビール画像です。

rise&win brewing_kikk ipa 2020_20210127_bottle01
rise&win brewing_kikk ipa 2020_20210127_bottle02

「KIKK IPA 2020」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめな黄色という感じ
香りは、シトラシ-から独特なNE感…
飲み口は、ホップの苦味はやや感じるものの持続性は弱めかな。そして求めてる甘さはない。それからホップフレーバーは持続性がなくスッと消えてしまうがちょいシトラシ-さが残るかな。ただ、酵母であろう独特なグラッシーさ感?と、ちょいエグみな感じが残るのが味的に意外な感じ。どうもNEにしては特徴なはずのジューシーさかトロピカルさがかなり弱めで、且つ欲しい甘さはないかな。ボディはミディアム寄りのライトで飲み応えは足りず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

テクノDJ等で日本を代表するケン・イシイさんが監修

この「KIKK IPA 2020(Ken-Ishii-Kamikatz IPA 2020)」ですがこの🍺は、テクノDJ等で有名な日本を代表する“ケン・イシイ”さんとのコラボビールの様です。そのケン・イシイさんはベルギーでデビューし、✈世界を飛び回ってる中でクラフトビール🍺を好きになられた様です。因みにビアっぷるは飲めてませんが、2019年に第一弾の(West Coast IPA)がリリースされ、即完売だったそうですがそれは凄い事!👀。そして今回は第二弾として、ケンイシイさんの思い『NEが出てきた時の突き抜けたトロビカルなフレイバー、ソフトな口当たりと刺さるようなシトラスかつダンクなアロマの同居するインパクトを改めて体感したい』という事で、ビアスタイルはNE-IPAでリリースされたそうですよ。

ヘイジーさやトロピカルさって…

そしてその肝心なビールですが、ホップはネルソンソーヴィンにシムコー、ソラチエースにモザイクの計4種。そして今他のブルワリーさんでも多く使われてるイメージがあるノルウェー酵母のKVEIK YEASTを使われ醸造されたNE-IPAですね。ビアっぷるが苦手のモザイクホップが使われてますが、そこまで存在感はなかったですね。また酵母であろう独特さが感じられるNEですが全体的にまとまりきってない気がしたのは気の所為かな?。ただ、圧倒的トロピカルさやヘイジーさが突き抜けた“WCB”さんや、“うちゅう”さんの濃厚なヘイジーばかり飲んでると今回の🍺はNEの特徴であるトロピカルさ、ジューシーさがほとんど感じれなかったが…人の舌は十人十色ですので、監修されたケンイシイさんへの思いが伝わってるといいですね😄。

はい、という事で今回は、徳島県は上勝市にある『RISE&WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)』さんよりケン・イシイさんとのコラボビール、「KIKK IPA 2020(Ken-Ishii-Kamikatz IPA 2020)」をご紹介しました。オンラインショップ等でまだ手に入るかもしれませんので、興味のある方は是非飲んでみてはいかがでしょうか。

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る