【長野】志賀高原ビール:「SNOW MONKEY IPA 2020」を樽で飲んでみました~

志賀高原ビール ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 

今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、SNOW MONKEY BEER LIVE 2020にて限定醸造ビールとして用意されていた「SNOW MONKEY IPA 2020」を樽で飲んでみましたのでご紹介したいと思います。少し前に飲んではいたものの、他のビールのご紹介もありようやくブログに挙げれる事にwww。飲んでみたかったビールが飲めるだけに、どんな感じか非常に楽しみではあります( ´∀`)

志賀高原ビール(SNOW MONKEY IPA 2020)_イメージ01

『志賀高原ビール』SNOW MONKEY IPA 2020 詳細

ビール名:SNOW MONKEY IPA 2020
ブルワリー:志賀高原ビール
スタイル:ヘイジーIPA
度数:6.0%
IBU:40
URL:志賀高原ビール
facebook:玉村本店

コチラがその「SNOW MONKEY IPA 2020」のビール画像です。

志賀高原ビール(SNOW MONKEY IPA 2020)_01

SNOW MONKEY IPA 2020」飲み応えレビュー

見た目は、にごにごのオレンジ+黄色で期待度大ですね!
香りは、さすがと言わんばかりのジューシーで柑橘系!?さが炸裂な印象。
飲み口は、ヘイジーながらIBU40とい事もありホップの苦味はかなり控えめで、ビアっぷるには意外www。また求めてる甘さをやや感じながら、このジューシーさと不思議と柑橘さがしっかりマッチして飲み応え十分と文句なし。ボディはミディアムでドライな中にもしっかりコクも感じれる。非常に飲みやすく、ビアっぷるはかなり好みなビールでした( ´∀`)。

最近の『志賀高原ビール』って…

この「SNOW MONKEY IPA 2020」ですが、もう有名な話ですが『SNOW MONKEY BEER LIVE』に向け毎年醸造されているIPAですね。今年は色は薄めでホップも昨年とは異なってる様ですがそれでもさすがは志賀高原ビールさんでヘイジー感はバリバリ出てましたね。またIBUは40という事でしたがコレが意外にも苦味が控えめ。決して甘いとは言えないが、ビアっぷるが求めている“甘さ”がやや存在している。粉っぽさもなく、そしてバランスや香り、口当たり、飲み応え等をとってビール自体がやはり素晴らしい。ホップの苦味が強いビールが多い、志賀高原ビールさんですがビアっぷるが感じる最近の志賀さんは、
信州事変(ボトルver.)』の苦さはともかく、『信州事変(樽ver.)』等など苦味が控えめなビールが多いと思え、好みなビールが増えてきた。もちろん苦いと思って飲めなかった1人に入るビアっぷるだが、こうやって苦味が抑えられてもビール自体そのものが変わらずしっかりされてるので、苦味を嫌ってたファン層も取り込めるはず。ようやく志賀高原ビールさんの良さを理解してきたビアっぷるでした( ´∀`)。

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより限定醸造ビールとなる「SNOW MONKEY IPA 2020」を樽でご紹介しました。大人気のビールで時期も過ぎてるので飲める機会が少ないと思われますが、何よりコロナの影響で飲みに行く機会が少ないかもしれませんが、もし飲める環境があれば是非飲んでみで下さいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る