【長野】志賀高原ビール:「信州事変(Apple IPA)/2023ver.」を樽で飲んでみました~

志賀高原ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『Shigakogen beer(志賀高原ビール)』さんより「信州事変(Apple IPA)/2023ver.」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『無我霧中(むがむちゅう) 2023ver.』でしたが、今回は2020年に現地飲みで衝撃を受けたビールでもう5回目の醸造だそうです。さて、今回はどんな感じか楽しみです😄

志賀高原ビール(信州事変 2023ver.)_イメージ01

『Shigakogen beer(志賀高原ビール)』信州事変(Apple IPA)/2023ver. 詳細

ビール名:信州事変(Apple IPA)/2023ver.
ブルワリー名:Shigakogen beer(志賀高原ビール)
ビアスタイル:フルーツIPA
度数:6.5%
IBU:13
URL:志賀高原ビール
facebook:玉村本店

コチラが「信州事変(Apple IPA)/2023ver.」のビール画像です。

志賀高原ビール(信州事変 2023ver.)_01

「信州事変(Apple IPA)/2023ver.」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるベージュ寄りなヘイジーっぽさ
香りは、ほのかな柑橘さがあれどそれのみ?かな…
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は喉奥で微残るという感じでしょうか。また求めてる甘さはない。そして柑橘なホップフレーバーと爽やかな酸味に弱めな渋み。飲み後には甘さがなく、温度上昇でホップの苦味とフルーツ由来か?渋み?エグみっぽさがジワリと残る。ボデイはミディアムで以前に比べ、深みや飲み応え等の物足りなさを感じてしまい…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

大きく“方向転換”された5回目

この「信州事変(Apple IPA)/2023ver.」ですが、5度目の醸造はかなりマイナーチェンジされた様です。以前までは自家栽培酒米をベースも今回はオールモルトへ変更。そしてヘイジーIPA的な造りをベースに酵母やホップを使われたそうです。因みにそのホップやモルト等など種類はわからず、その他原材料には小布施市のブラムリー(英国産林檎)を使われたフルーツIPA。はい、ビアっぷる的には以前の“酒米ベースさ”が特徴があって良いと思ってたのだが…以前とはかなり異なるビールに変わった事により奥深さや物足りなさに繋がってしまったかな!?😅。過去の初飲み2020年3月『信州事変(Apple IPA)/2020』が酒米の“美山錦”を使用され、今までの志賀さんとは良い意味で違う衝撃的に好みだったビアっぷる😍。そこから2021年2月『信州事変(Apple IPA)/2021』と2021年11月『信州事変(Apple IPA)/2021 ver2』、そして昨年『信州事変(Apple IPA)/2022』は志賀さん“らしさ”へリリースの度に徐々に寄っていき…甘さが減りフルーツの酸味やエグみにホップの苦味等などがUPで好みは人それぞれもビアっぷるの好みからはズレていってしまった💦。そんな中、今年は予想だにしなかったベース感。ビール名を変えても良かったのでは?と思うほど思い切った路線変更という感じ。ただ、以前の方を好むビアっぷるに対して、志賀高原ビールさんのファンにはおそらくしっくりくるビールかもしれませんね✨。そう言えば、先日『マツコの知らない世界』にてクラフトビールが特集されました。感じ方は人それぞれですが…内容はもっと尖って欲しい気持ちもあったかな。ただ、ガハハビールさんや寒菊さんを紹介されたのは好印象な反面、奇しくも志賀高原ビールさんは紹介がなかった。ハウスIPや其の十が紹介されればよりクラフトビールを好む方をより増やせる可能性を秘めてるのでは!?と思っているのですが…それでもクラフトビール業界の超トップクラスのブルワリーさんは間違いなし。今後も志賀高原ビールさんにて興味があるビールがリリースされた際には、是非飲ませて頂きたいと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『Shigakogen beer(志賀高原ビール)』さんより「信州事変(Apple IPA)/2023ver.」をご紹介しました。ヘイジーさを兼ね備えたブラムリービール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. ブルークラシック(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、石川県は金沢市にある『Brew C…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る