【長野】志賀高原ビール:「信州事変(Apple IPA)/2021」を樽&ボトルを飲んでみました~

志賀高原ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、「信州事変(Apple IPA)/2021」を樽とボトル各々を飲みましたのでご紹介したいと思います。昨年現地で飲み、めちゃくちゃ好みと感じたあの🍺ですが、実はボトルをビア仲間のご好位で🎁から先に飲んでおりました。そして樽を飲んでから飲み比べ的にブログアップを…が予想外にここまで延びてしまいました。大人気🍺ですので、興味のある方が飲めるか心配ですが、ご容赦下さいませ😅💦

志賀高原ビール(信州事変/2021)_イメージ01

『志賀高原ビール』信州事変(Apple IPA)/2021 詳細

ビール名:信州事変(Apple IPA)/2021
ブルワリー名:志賀高原ビール
ビアスタイル:フルーツエール/IPA
度数:6.5%
IBU:32
URL:志賀高原ビール
facebook:玉村本店

コチラが樽の「信州事変(Apple IPA)/2021」画像です。

志賀高原ビール(信州事変/2021)_01

信州事変(Apple IPA)/2021 樽ver.」飲み応えレビュー

見た目は、濁りの上面黄色のオレンジ色という感じでしょうか
香りは、ヘイジーさを感じながら程よい酸味感
飲み口は、ホップの苦味は控えめながらも後味に持続して残る印象かな。また求めてる甘さはない。そしてブラムリーのフレーバーと酸味や優しめで爽やかさら
ホップフレーバーが後にくる感じ。ただ甘さはなく、ジューシーさもややという感じで思ったより弱め。温度が上がって酸味がかなりアップしたが、ボディはミディアムで飲みやすく飲み応えはまずまずあるものの…後味のエグみの様な苦さが残るのも含め残念ながら好みではありませんでした💦

そしてコチラがボトルの「信州事変(Apple IPA)/2021」画像です。

志賀高原ビール(信州事変/2021)_ボトル01
志賀高原ビール(信州事変/2021)_ボトル02

信州事変(Apple IPA)/2021 ボトルver.」飲み応えレビュー

見た目は、にごにごのやや明るい黄色という感じでしょうか
香りは、ブラムリーのかなり強めな酸味とやや独特さを感じるかな
飲み口は、ホップの苦味はIBU32ながらもかなり強めに感じれ持続性も特に喉奥で残るかな。また求めてる甘さはない。そしてブラムリー由来であろう独特なフレーバーと、柑橘系を思わすホップフレーバーが相混じるのは新しく感じたが、甘さはなく酸味がかなり強めで飲み後の余韻にエグみを感じるのが残念。ボディはミディアムで飲みやすい感じで飲み応えは控えめ。ブラムリー由来の独特な香りと味が厳しく、残念ながら好みではありませんでした💦

昨年は超限定醸造のレアビール✨

この「信州事変(Apple IPA)/2021」ですが、昨年に開催がなくなった『SNOW MONKEY BEER LIVE 2020』の為に醸造されビア仲間で飲めてない方も多いのも事実。まぁ、幻とまで言われた超限定醸造🍺ですね✨。どうやら今年も再度醸造して頂いたのは本当に嬉しく思います😄。そしてビールの詳細はホップの記載がない?のですが、メインホップの1つをアメリカの新品種に変更されたとの事。また原材料には長野県は小布施で育てられた英国原産の『bramley(ブラムリー)』と、志賀高原ビールさんで自家栽培された酒米『美山錦』を使い醸造されたIPAですね。

昨年とのビアっぷる的で比較👀

正直昨年とはだいぶ違うと言っていい程の、味の違いを感じました。
その昨年は
・「信州事変/Apple IPA」2020樽ver.
・「信州事変/Apple IPA」2020ボトルver.
ですね。因みに樽は現地で飲み、ボトルは現地で購入しました。

そこで昨年との比較になりますが、先ずアルコール度数は変わらずも昨年はIBU24に対して今年は32とUPしてます。また昨年の樽はジューシーでボディもあり優しい酸味で苦味はほぼなし。今年は酸味は温度が上がってグッと強くなりジューシーさが弱めで苦味は後に残る印象。ボトルの方は確かに酸味が強かったが苦味はそこまで感じないに対して、今年の方が酸味が強く苦味も俄然UP。昨年樽でパイント2杯飲みましたが、今年は…。この酸味は今年使われたブラムリーの酸味が強めだったという事かな?そして苦味はアメリカンホップに変わった事かな?と思いました。あくまでも好みという事ですが、これも志賀高原ビールさんがしっかり考慮されて醸造された🍺。もちろん来年も醸造されたらまた飲みたいと思っているビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、「信州事変(Apple IPA)/2021」をご紹介しました。ご紹介が少し遅れましたが、皆さんももし飲める機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る