【香川】しろすずめ:「新的期盼(しんだちぱん)」を樽で飲んでみました~

しろすずめ(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、香川県は高松市にある『Shirosuzume(しろすずめ)』さんより「Shin da chi pan(新的期盼)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『前日(ぜんじつ)#2』のベストビターでしたが、今回はビール名が…読めなかったがスパイス系を使ったペールエールの様です。さて、どんな感じでしょうか😊

しろすずめ(新的期盼)_イメージ01

『Shirosuzume(しろすずめ)』Shin da chi pan(新的期盼) 詳細

ビール名:Shin da chi pan(新的期盼)
ブルワリー名:Shirosuzume(しろすずめ)
ビアスタイル:スパイスドペールエール
アルコール度数:6.0%
IBU:20
URL:Shirosuzume(しろすずめ)
facebook:Shirosuzume(しろすずめ)

こちらが「Shin da chi pan(新的期盼)」のビール画像になります。

しろすずめ(新的期盼)_01

「Shin da chi pan(新的期盼)」飲み応えレビュー

見た目は、クリア目でくすみのある山吹色かな
香りは、甘やかなヨーグルトっぽさも感じるかな
飲み口は、ホップの苦味はそこまで感じれず持続性もほぼなし。また求めてる甘さなし。そしてココナッツ?の様な甘やかさに、レモングラスっぽさも相まって爽やかな感じで優しく余韻まで残る。飲み後には甘さもあり、温度上昇でホップの苦味は変わらず。ボディはかなりライト目で飲みやすい反面飲み応えで物足りなさを感じる。残念ながら好みではありませんでした💦

ターゲットの違いは百も承知

この「Shin da chi pan(新的期盼)」ですが、地元高松市にある東南アジア料理店“yangfu(ヤンフー)”さんの3周年記念ビールを醸造されたそうです。ホップはマグナムとスパルターにシムコーとトリスケルの4種類。モルトはピルスナーやミュンヘン、ウィートやその他複数使用。その他原材料には、青森県産のリンゴ(ジョナゴールド)に台湾産の馬告(マーガオ)や白麹を使用し醸造されたスパイスドペールエールとの事。ええ、マーガオに関してビアっぷるはピンと来ないので味自体は想像ができないので悪しからずです😅。そんな今回のビールですが、隠し味とも思ったよもやのジョナゴールドは全く感じれないがきれいなビールベースの中にきっと全体的な下支えとしているはず?と勝手に妄想。そして、ビアっぷるの苦手寄りなココナッツやレモングラスっぽさはあれど絶妙な塩梅でそこまで気にならずむしろ好印象✨。また、爽やかで飲みやすくライト目な感じからもおそらく…コラボ先様の要望に応えつつポイントであろう“料理を邪魔しない”という点では納得いく造りではないでしょうか。対して感じ方や好みは人それぞれですが、ビアっぷるの様に“ビール単体で楽しみたい”方にはボディさや味わいからやや物足りなさを感じてしまうのかな?。まぁ、コラボビールで狙うターゲットがそもそも違うのは百も承知。毎度ながら派手さのないビールではあるが、ビールベース自体はしっかり造られてると思えるしろすずめさん。ヤンフーさんへ足を運ぶお客さんが、1人でも多く“満足いくビール🍺”となれば良いですね~😊

はい、という事で今回は、香川県は高松市にある『Shirosuzume(しろすずめ)』さんより「Shin da chi pan(新的期盼)」をご紹介しました。ココナッツやレモングラスっぽさが爽やかに感じれたスパイスドペールエール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ(ロゴ)_03NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  2. クラフトビールと交野の地酒フェス2024(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は大阪のビアイベントのご紹介です。大阪…
  3. インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkh…
ページ上部へ戻る