【神奈川】南横浜ビール研究所:限定醸造の「ビターレスIPA」を樽で飲んでみました~

南横浜ビール研究所(ロゴ)1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は神奈川県横浜市の『南横浜ビール研究所』さんから、限定醸造の「ビターレスIPA」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。ニューイングランドIPAと同じ酵母を使用したようですが、どんな味か気になるところです^^;

ビール名:ビターレスIPA
ブルワリー名:南横浜ビール研究所
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:5.1%
IBU:15
facebook:南横浜ビール研究所

コチラがその「ビターレスIPA」のビール画像です。

南横浜ビール研究所(ビターレスIPA)

見た目は、やや透き通り気味の琥珀色ですね。
香りは、独特な感じで良い香りなのだがどの原材料から出てきたのだろうか?
飲み口は、IPAではあるがIBUが15程度なら苦味はやはり抑えめで、且つ好みの甘さじゃない甘さを感じるがギリセーフなラインの好みの甘さ。また、飲み込んだ後味もかなり好みでボディはライト寄りなミディアムって感じでしょうか。この味が新種のホップなのか?ニューイングランドの酵母なのかはわからないが バランスが整っててビアっぷるはかなり好みな方でした^^;

はい、この「ビターレスIPA」ですがホップはシムコーにシトラ、そしてまさかのモザイクを使ってる様です。かなり敏感なはずが全くモザイクホップ感がなかったのが意外…(@_@)
またビアっぷる好みの“ギリの甘さ”と思ったのは、どうやら“ラクトース”を使用してるとのことで、これがこの甘さを引き出してるのですね~って絶妙な配合量で優しさも伝わったビールでしたね。これリアルにマンゴーとか入ってたら更に好みになるだろうなwww
このビターレスIPAですが全体的なバランスは好みでしたし女性ブルワーが醸造したようですが、今まで南横浜ビール研究所さんで飲んだビールの中ではヘッドブルワーさんが醸造するビールよりかなり好みなビアっぷるでした(´∀`)

はい、という事で今回は、神奈川県横浜市の『南横浜ビール研究所』さんから「ビターレスIPA」を紹介しました。南横浜ビール研究所さんは以前に比べビールレベルがアップしてるのはわかります。経験とセンスがそうさせてくるのでしょうが、女性ブルワーの方にはもっと他のビアスタイルも醸造してもらいたいですね。皆さんも機会があれば是非、飲んでみて下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る