【静岡】反射炉ビヤ:「ほうじ茶ラテAle」を樽で飲んでみました~

反射炉ビヤ(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんから「ほうじ茶ラテAle」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。お茶系の🍺が好みなビアっぷるで、特に反射炉さんでお茶の🍺と言えば…断然2018年に初醸造された際の『お茶屋さんのほうじ茶エール』だが、今回はほうじ茶はほうじ茶でも…ラテを表現!?…紙一重かもだが興味津々です👀

反射炉ビヤ(ほうじ茶ラテAle)_イメージ01

『反射炉ビヤ』ほうじ茶ラテAle 詳細

ビール名:ほうじ茶ラテAle
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
ビアスタイル:ジャパニーズティーエール
アルコール度数:5.0%
IBU:15
URL:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

こちらがその「ほうじ茶ラテAle」のビール画像です。

反射炉ビヤ(ほうじ茶ラテAle)_01

ほうじ茶ラテAle」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるほうじ茶色でブラウンという感じ
香りは、意外にも優しいチョコレートを思わせる感じ!?
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまでないかな。また求めてる甘さはない。そして…ほうじ茶からの~ラテ!って感じで、ほうじ茶の香り豊かなフレーバーと、後味にチョコレートにも感じながら甘さが絶妙に優しめ。何より深みとビールバランスが良く、ボディはミディアムで非常に飲みやすいし余韻も心地よい。正にビール名にも負けないラテって感じで、かなり好みな方のビールでした✨

全体的バランスが整った、“ラテの🍺”👀

この「ほうじ茶ラテAle」ですが何と…『ほうじ茶ラテ』をイメージしたという新作のお茶🍺!?👀。コレだけ聞くと半信半疑ですが…はい、ホップはAdmiral(アドミラル?)、Bramling Cross(ブラムリングクロス?)、Pioneer(パイオニア?)と3種類を使われてる様ですがビアっぷるは全て聞き慣れないホップ名でした。そして原材料には、静岡県産のほうじ茶にラクトース、バニラビーンズを使われ醸造されたジャパニーズティーエールとの事。最初は、このビール名から“ラテ”を想像すると“甘いだろう!?”とイメージしたが…ほうじ茶の存在に甘すぎない甘さ、飲み応えに余韻にほうじ茶が優しく全体的にバランスも整いホント良かった😁。正に🍺何だけど…“ラテ🍺”を表現し、計算され醸造されてるのが伝わりました。コレ、まだ飲んでなく興味を持った方は是非騙されたと思って飲んでみて欲しい。未知であろう“🍺ラテ”の世界が待ってますよ~🎵。ええ、何だかんだで再度パイントで飲みに行った程良かった🍺でした😄

はい、という事で今回は静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんから、「ほうじ茶ラテAle」をご紹介しました。甘さ控えめでほうじ茶の香りも残したラテ🍺、皆さんも機会があったら飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る