【宮城】ブラックタイドブリューイング:「Hoya Boya(ホヤぼーや)」を缶で飲みました~

ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんから、「Hoya Boya(ホヤぼーや)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の『DRIFT NET(ドリフトネット)』に続き、またもやブラックタイドさんの登場ですが、ビアスタイルのヘイジーIPAも気になったが何より“缶ラベル”が気になって飲んでみたビアっぷるです😅

ブラックタイドブリューイング(トップイメージ)_01

ビール名:Hoya Boya(ホヤぼーや)
ブルワリー名:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)
スタイル:Hazy IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)
facebook:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)

コチラがその「Hoya Boya(ホヤぼーや)」のビール画像です。

ブラックタイドブリューイング(ホヤぼーや)_can01
ブラックタイドブリューイング(ホヤぼーや)_can02

見た目は、にごにごの濁りのある山吹色という感じでしょうか
香りは、フルーティーさとトロピカルさが抜群!
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまでないかな。また求めてる甘さはない。そしてマンゴーの様な味も感じる程のトロピカルさとホップフレーバーに、飲み後にトロピカルな余韻にジューシーさもあり、程よい甘さが好ポイント。ボディはミディアムでやや粉っぽさを感じたが、飲みやすく飲み応えもありかなり好みな方のビールでした✨

この「Hoya Boya(ホヤぼーや)」ですが…ビアっぷるは今回知るも、どうやら気仙沼市の観光キャラクター『海の子 ホヤぼーや』とのコラボビールの様ですね。そしてビアっぷるがそうでしたが、購入の際に決め手になった“缶ラベル”は、

ブラックタイドブリューイング(ホヤぼーや)_イメージ01

コチラ。一見、遠目だとわからないし何か可愛らしいキャラが散りばめられてるなぁ~とは思ってましたが、仙台の方やご当地キャラに興味のある方には一目瞭然の!?、“ホヤぼーや”君でした。しかしコラボしてる事も凄いが、ビール名にそのままキャラクター名が使われてるのもまた凄い事ですよね👀。さて話は🍺に戻し、ホップはまさかのモザイクホップを使用しドライホッピングでモザイクのクライオを使われてる様です。また、原材料にはラクトースを使い醸造されたヘイジーIPAとの事、いやはやまさかの苦手のはずのモザイクホップを使われてるものの、嫌な感じがなくむしろマンゴーの様なトロピカルさが表現されておりかなり好み。過去ブラックタイドさんの🍺をそれなりの種類を飲ませて頂いてるが、特に“ヘイジーIPA”は完成度の高さを感じるのはビアっぷるだけだろうか?👀。機会があれば再度缶でも飲みたいのだが、緊急事態宣言が31日まで延長になったが出来れば樽(ドラフト)で飲みたいなと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんの、「Hoya Boya(ホヤぼーや)」をご紹介しました。ドリフトネットも良かったが、今回のも良かったヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る