【宮城】ブラックタイドブリューイング:「DRIFT NET(ドリフトネット)」を樽で飲みました~

ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんの、「DRIFT NET(ドリフトネット)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。「Twilight Flow(トワイライトフロウ)」や「TROPICAL VISION(トロピカルビジョン)」等々、ビアっぷるにとっては最近当たりが多いブラックタイドさんの🍺。さてさて今回はどんな感じでしょうか😄

ブラックタイドブリューイング(ドリフトネット)_イメージ01

『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』DRIFT NET(ドリフトネット) 詳細

ビール名:DRIFT NET(ドリフトネット)
ブルワリー名:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)
スタイル:Hazy IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)
facebook:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)

コチラがその「DRIFT NET(ドリフトネット)」のビール画像です。

ブラックタイドブリューイング(ドリフトネット)_01

DRIFT NET(ドリフトネット)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある黄色寄りな感じかな
香りは、爽やかさとちょいパインなヘイジー感炸裂!
飲み口は、ホップの苦味はややありながら持続性は弱めかな。また求めてる甘さであろう興味のある甘さ。そしてパイナップルの様なホップフレーバーと、しっかりとしたトロピカルさにジューシーさも素晴らしい。また飲み後にはシトラシーさからの温度が上がり凄く好みな甘さが増して、ヘイジーの余韻までも持続するのも好ポイント。爽やかでビールバランスも良く、ボディはかなりライトだが飲み応えもあり好みな方のビールでした✨

モルトの甘さがたまらない…

この「DRIFT NET(ドリフトネット)」ですが3度目となるDRIFT NETリメイクバッチの様で、以前との違いはローラルのホップを使用した様です。そのホップは新種のBRU-1を始め、アマリロ、シトラ、カスケードにブラボーの5種を使い醸造されたヘイジーIPAとの事。内容で最初に気になったアメリカ産のホップ“BRU-1”を調べたが、特徴としては『パインっぽさ』や『微かな甘さあり』等などでした。が、ビアっぷるには“パイン!とは言い切れないが、っぽさは感じれたかな👀。また、公式サイトのビールコメントにある『ホップ由来の微かなスパイシー』さは微塵も感じれなかったのだが、全体的にバランスが良く非常に飲みやすい。更にモルト由来の甘さの部分がビアっぷるの舌には凄くマッチ🍺して好みでしたよ~🎵。これならWCBさんやうちゅうさんとは“一味違うヘイジーIPA”を感じれるのではないでしょうか?と思いました。また、機会があれば是非パイントで飲みたいヘイジーIPAでした😄

はい、という事で今回は宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんの、「DRIFT NET(ドリフトネット)」をご紹介しました。ドリンカビリティというのは言い過ぎだがパイント2杯はいける飲みやすさ。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  2. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  3. パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となります。神奈…
ページ上部へ戻る