【宮城】Black Tide Brewing:「Twilight Flow(トワイライトフロウ)」を樽で飲みました~

ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)』さんの、「Twilight Flow(トワイライトフロウ)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。最近ブラックタイドさんの樽(ドラフト)で飲める環境が増え有り難い事ですが、前回の『Super Early Tide(スーパーアーリータイド)』のウエストコーストスタイルとは違い、フルーツヘイジーIPA🍺。楽しみです✨ 

ブラックタイドブリューイング(トワイライトフロウ)_イメージ01

『Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)』Twilight Flow(トワイライトフロウ) 詳細

ビール名:Twilight Flow(トワイライトフロウ)
ブルワリー名:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)
スタイル:Fruit Hazy IPA
アルコール度数:7.5%
IBU:???
URL:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)
facebook:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)

コチラがその「Twilight Flow(トワイライトフロウ)」のビール画像です。

ブラックタイドブリューイング(トワイライトフロウ)_01

Twilight Flow(トワイライトフロウ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある赤茶色という感じでインパクト大
香りは、ベリー感とやや苦手そうなホップ感が…
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性も特に感じれないかな。また求めてる甘さはない。そして先ずベリーのフレーバーが爽やかで、柔らかい酸味と絶妙なベリーの味をしっかり感じれる。飲み後には甘酢っぱさはそこまで感じれず僅かにエグみもあるのだが、ベリーの余韻と酸味から逆にそのエグみ感も気にならない程の飲みやすさ。温度が上がってから少しホップの苦味が出てきたが、ボディはミディアムでヘイジー感を感じつつ口当たりも良い。ただ、まさかの飲み応えがそこまで感じれいながらもビアっぷるはかなり好みな方のビールでした✨

再度飲みに行ったら、アッという間に完売…

この「Twilight Flow(トワイライトフロウ)」ですが、ホップはストラタとサブロの2種類の様ですね。またモルトはピルスナー、ウィートにオーツを使い、原材料にはブラックベリーとラクトースにて醸造されたフルーツヘイジーIPAですね。ビアっぷるはストラータやサブロってそこまで好みなホップではないのだが、香りで感じたホップの苦手感も含めて飲めば飲むほど気にならず、逆に良さに変わるというほど飲みやすく好みで全体的バランスも素晴らしかった🎵。気になったアルコール度数も7.5%あるのだがそこを感じさせない飲みやすさは正に危険なのだが、女性ウケも良さそうだし🍺自体もしっかりしており、ベリーと酸味の爽やかさで好みの方も多いはず。また、今回はベリーを使われてるが他のフルーツで色々と醸造してもらいたいなぁ~と思いながら、また飲みたく再度ビアバーへ行くも…アッという間に完売ですよ💣💣💣。コレはまた樽で見かけた際には、是非パイントで飲みたいと思ったビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)』さんの、「Twilight Flow(トワイライトフロウ)」をご紹介しました。ベリーヘイジーIPAがそのまま感じれる1杯と思います🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る