【北海道】ブラッスリーノット:「ジリ 2024ver.」を樽で飲んでみました~

ブラッスリーノット(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は阿寒郡にある『Brasserie Knot(ブラッスリーノット)』さんから「Jiri 2024ver.(ジリ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Kearashi(ケアラシ)』のインペリアルオイスタースタウトでしたが、今回は昨年も飲ませて頂いたヘイジーIPAです🍺。さて、どんな感じでしょうか😊

ブラッスリーノット(ジリ2024)_イメージ01

『Brasserie Knot(ブラッスリーノット)』Jiri 2024ver.(ジリ) 詳細

ビール名:Jiri 2024ver.(ジリ)
ブルワリー:Brasserie Knot(ブラッスリーノット)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:7.0%
IBU:39
URL:Brasserie Knot(ブラッスリーノット)
facebook:Brasserie Knot(ブラッスリーノット)

こちらがその「Jiri 2024ver.(ジリ)」のビール画像です。

ブラッスリーノット(ジリ2024)_01

「Jiri 2024ver.(ジリ)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴの明るめな黄色寄りなオレンジ
香りは、トロピカルさが優しめに感じるかな
飲み口は、ホップの苦みはややあり持続性としても舌先・舌中で残る方かな。また求めてる甘さはない。そして柑橘っぽさ+ちょいシトラスさの感じるホップフレーバーと味わいで、ジューシーさは感じれずドライでホップの苦みがかなり強めな余韻が残る。飲み後には甘さがなく、温度上昇でホップの苦みは上がり…苦い。ボディはミディアムで飲み応えはあるが奥深さは感じられず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

色味・造りの進化を感じるヘイジーIPA

この「Jiri 2024ver.(ジリ)」ですが、ホップやモルトのにその他原材料の記載がなし。申し訳ありませんが詳細は不明ですが、醸造されたのはヘイジーIPAですね。さて、後ほど2023ver.と比べたいと思いますが先ずは今回2024ver.の感想を。“ヘイジーの色味がしっかり出てるが、ホップの苦みがかなり強めなドライなヘイジーIPA”という感じでしょうか😅。昨年5月に飲ませて頂いた『Jiri(ジリ) 2023ver.』との大きな違いは、先ずは色味。当時は期待されてのヘイジーでしたが、見て頂いて一目瞭然の“くすみのある山吹色”でヘイジーな味わいも物足りずでした。一転、今回はきれいで鮮やかな黄色寄りオレンジさで、これがビアっぷるが思うヘイジーIPAの色味🍺。そして味わいは、WCBさんの様な今旬なホップの新鮮さとジューシーさは感じなかったが、今風な造りでビアっぷるが求めてるヘイジーの方向性ではあった。ただ一点、好みは人それぞれですが、ヘイジーにはホップの“ホロ苦さ”は求めても“苦い”は求めてないビアっぷる。IBU39の表記だが、余韻までもジワジワ残るのはヘッドブルワーさんの好みでしょうか?。どの位の頻度でヘイジーをリリースされてるかはわからないが、次回はブラッシュアップされた2025ver.を飲んでみたいと勝手に思っているビアっぷるでした😊

はい、という事で今回は北海道は阿寒郡にある『Brasserie Knot(ブラッスリーノット)』さんから「Jiri 2024ver.(ジリ)」をご紹介しました。ホップの苦みが効いたヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ジョウゾビアベース(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、徳島県は阿南市にある『JouZo …
  2. 寒菊ブルワリー(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、千葉県は山武市にある『Kankik…
  3. シュレッドビールカンパニー(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、海外ビールとなりますがこのブログで…
ページ上部へ戻る