【長野】南信州ビール:『秋仕込IPA』を樽で飲んでみました~

南信州ビール_ロゴ01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は上伊那郡にある『Minami Shinsyu Beer(南信州ビール)』さんから、『秋仕込IPA』を樽で飲めたのでご紹介したいと思います。

ブルワリー名:南信州ビール
ビール名:秋仕込IPA(インディアペールエール)
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:6.0%
URL:Minami Shinsyu Beer(南信州ビール)
Facebook:Minami Shinsyu Beer(南信州ビール)

南信州さんといえばリンゴを使ったアップルホップが有名ですが、今回はIPAの話しをさせて頂きますね。はい、そもそも南信州さんのIPAは他ブルワリーさんに比べモルトが多めでホップの苦みが少なくどちらかというと甘味を感じるIPAという印象です。ただ今回は、通常のIPAではなく限定醸造の『秋仕込IPA』。通常のIPAより4倍のホップを使ったとの事ですのでホップが主張してくるはず。

さて、飲んでみましたが…南信州さんのIPAらしいモルトからくる甘味が物足りない。そりゃそうですよね、ホップを4倍使ってるのですから苦みが出てくるはず。ただ、他のブルワリーさんよりはホップの苦みが抑えられてるので、ビアっぷる的には飲みやすいIPAな方だがやっぱり定番のIPAの方が好みwww。因みにビア仲間からは「南信州さんらしい甘味が出てるね」と、言われ…え!?のビアっぷる。

話しは逸れますが、最近IPAが飲めるようになってきた気がするが、一部のIPAのみですけどね。ビールにより良かった~と思う反面、今度は“ペールエール”がかなり苦手になってきました。どのブルワリーさんでもどうも舌に合わなく感じてる今日この頃。苦みセンサーが他の型と違うらしく、結構ビアっぷるの感想は独特らしいです。「飲めると思ったら飲めない、飲めないと思ったら飲める」とある程度は好みがわかるが、稀に想定と違う返事がくるんだよね…と。ただ好みの範囲がかなり狭いビアっぷるですしそもそも変わってるのでしょうwww。これを個性と思って今後もクラフトビールを飲み続けたいと思います!

はい、という事で長野県は上伊那郡にある『Minami Shinsyu Beer(南信州ビール)』さんから「秋仕込IPA」をご紹介しました。ホップの苦味が効いたIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る