横浜DeNaベイスターズが日本シリーズ進出決定で球団オリジナル醸造ビールのベイスターズラガーなど売上大幅UP!?

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

昨日、横浜DeNaベイスターズが広島カープを破って日本シリーズ進出を決めましたね!
日本一に輝いた1998年以来19年振りに日本シリーズ進出ですか。

この話題がクラフトビールと何の関係がって!?…はい、ありますよ!
DeNaベイスターズには球団オリジナル醸造ビールのベイスターズラガーもあり、
最近はスタイルも増やしてきます。
このビールは横浜の『横浜ベイブルーイング』さんが製造しており、
戸塚に大きな工場を建てるほど地元密着型で、
クラフトビールに力を入れてるブルワリーさんですよね。

ビアっぷるが知った時はまだベイスターズラガーとベイスターズエールのみでしたが、
今や気づけば期間限定で、IPA、ペールエールやヴァイツェン、
ポーターやホワイトエールにアンバーラガーとスタイルと、
こんなに増えてるんですね(◎_◎;)
はい、ビアっぷるは前に飲みましたがどちらも好みではなかったかな^^;

いやぁ、今回の日本シリーズ進出により益々ベイスターズラガーや、
ベイスターズエールが売れに売れるんじゃないんでしょうか!?www
ベイブルーイングさんはウハウハですかね^^;

あ、昨夜テレビでビールかけ前の映像をみました。
その際にベイスターズラガー?ベイスターズエール?の売り子さんが担ぐ、
タンクを背負ってた選手が2人ほどいました…
これ、ビアっぷるは見てないのですがあの後ビールかけをやったのだと思いますが、
当然そのタンクを背負ってビールかけ…してますよね?
クラフトビールマニアとしてはクラフトビールをそんな扱いして!!と、
ちょっぴり思ったビアっぷるですが、他の方も思った人がいたのでは?とも思いました。
怒られなきゃいいなぁ…と、気にしてしまったビアっぷるです^^;

ただ、これで他の球団も地元のブルワリーさんと密着型でオリジナルビールをどんどん
作ってもらえるとクラフトビールマニアも球団へ足を運ぶ可能性も増えそうですし、
クラフトビールの認知も更に増えてくるんじゃないでしょうか。
大手ビールさんの広告や販売の方で色々と絡みもあると思いますが、
先ずは、先だって横浜ベイブルーイングさんが横浜DeNaベイスターズと
オリジナル醸造ビールを造れた事も凄い事ですからね。
今後も球団オリジナル醸造ビールを飲める機会があったら、
応援する意味も含めて飲みたいと思います。

さて、横浜DeNaベイスターズが日本一になるのか非常に気になりますね。
これによりベイスターズラガー等が売れに売れ…結果が楽しみです!(^^)

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 志賀高原ビール ロゴ
    はい、前回もこの志賀高原ビールさんの「Imperial Coffee Porter(インペリアルコ…
  2. TDM 1874 Brewery(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『TDM …
  3. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さ…
  4. 星野製作所(麦) ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は埼玉県の川口市にある『星野製作…
  5. 北谷ハーバーブルワリー(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は興味を持ってたブルワリーさんに…
ページ上部へ戻る