【愛知】ワイマーケットブルーイング:「エイジオブディスカバリー」を樽で飲んでみました~

Y.MARKET BREWING(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから「Age of Discovery(エイジオブディスカバリー) 2022ver.」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『んちゃ!2022ver.』の缶で、ビール名からもインパクトはありましたね。さて、今回はゲームのタイトルにありそうなビール名!?。どんな感じでしょうか😄

ワイマーケットブルーイング(イメージ画像)_01

『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』Age of Discovery(エイジオブディスカバリー) 2022ver. 詳細

ビール名:Age of Discovery(エイジオブディスカバリー) 2022ver.
ブルワリー名:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:7.0%
IBU:26.86
URL:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
facebook:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)

コチラがその「Age of Discovery(エイジオブディスカバリー) 2022ver.」ビール画像です

ワイマーケットブルーイング(エイジオブディスカバリー 2022ver.)_01

「Age of Discovery(エイジオブディスカバリー) 2022ver.」飲み応えレビュー

見た目は、にごにごの鮮やかで綺麗なオレンジ寄りな黄色
香りは、微フラワリーさにやや感じるグラッシーさも
飲み口は、ホップの苦味はやや強めで持続性は舌奥と喉奥で残る。また求めてる甘さは温度上昇であり。そしてちょいパイナップルっぽいホップ感から、口当り滑らかでヘイジーなジューシーさは感じれない。飲み後には温度が上がって甘さを感じれ、ホップの苦味は余韻でも強めにジワジワ。ボディはミディアムで濃さやトロみに飲み応えもあるのだが、残念ながら苦味が強めでビアっぷるの好みではありませんでした💦

“限定醸造”と“定番ビール”

この「Age of Discovery(エイジオブディスカバリー) 2022ver.」で、このビールは2020年にもリリースされてる様で、今回2度めの醸造の模様。ホップはシトラにシムコー、エルドラドのクライオにローラルのクライオと計4種類。その他原材料には、オーツ麦に小麦等を使い醸造されたヘイジーIPAとの事。ヘイジーIPAにしてはホップが強めに出ており、ビアっぷる的には苦い!😅。ただ、好感を持てたのは温度上昇と共に出てきたモルト由来のビアっぷるが欲しい“甘み”✨。ファーストバッチが飲めてないのが残念だが、2年振り?のリリースというのは何か意味があるのだろうか?、そう言えば前回の冒頭でも記載した『んちゃ!2022ver.』も前回醸造からそれなりの期間を経ていた様な…🤔。良い意味で当時のレシピを見直し、新たに今風に改良してより良いビールへと進化させてるのかな?。はい、ここからはちょっと話がズレます。醸造もできない上に余計なお世話は百も承知ですが、賛否両論もあり考え方は人それぞれという事で。今はまだまだ定番よりも限定醸造が当たり前に売れてる時代。ブルワリーさんとして多種多様なビアスタイルを醸造する事が出来き、且つ経験を得れる時代とも思える反面、現時点で日本全国約600弱もあるブルワリー激戦のクラフトビール業界。やり方は色々あれど最終的には“飲み手に好まれ売れる定番ビール”をいかに多く持ててるかがポイントと思ってます。ワイマさんの様にルプリンネクターや、イエロー・パープルスカイペルエール等など確立済みな印象ブルワリーさんで勝手ながら素晴らしく感じます✨。ただ、今や定番を持たないブルワリーさんも一部見受けられるが、自社の特徴を最大限引き出し、賞や身内での評価とは別に“飲み手に好まれ売れる定番ビール”を1つでも多く持つブルワリーさんが増えていくといいなぁ~✨と、常々勝手に思ってしまってるビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから「Age of Discovery(エイジオブディスカバリー) 2022ver.」をご紹介しました。ヘイジーでもホップの苦味が残るヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る