アメリカの『Revision(リヴィジョン)』から「Lord Lupulin(ロードルプリン)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、またまたで申し訳ないですがビアっぷるが好きなニューイングランドIPAの続きとなります。初飲みとなるアメリカの『Revision(リヴィジョン)』さんから「Lord Lupulin(ロードルプリン)」を樽で飲んでみたのでご紹介したいと思います。

ビール名:Lord Lupulin(ロードルプリン)
ブルワリー名:Revision(リヴィジョン)
原産国:アメリカ
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:32

こちらが「Lord Lupulin(ロードルプリン)」の画像です。

見た目は濁り系ですがオレンジではなく黄色い感じですね。
香りはジューシーさは感じるが控えめ。
飲み口は…苦味が少なくジューシーさは十分感じるが、甘味がなくさっぱりで飲みやすい。どれもこれも似てるなぁ…はい、これもビアっぷるの好みではありません^^;

このLord Lupulin(ロードルプリン)はヴィックシークレット、エルドラド、ギャラクシー、シトラを使ったノースイーストスタイルのIPA。との事ですが、ホップどうこうはいいとしてビールの説明には甘味がある…と、甘味はどこにあるのだろう???これに甘味を感じる舌ってビアっぷるとは真逆にいると思う。嗜好品だし舌は十人十色と人それぞれでどちらも間違ってないとは思うが
これに甘味を感じるのはホント不思議な感覚だな…(^^ゞ

また、『Revision(リヴィジョン)』さんは2018年の『World Beer Cup』で
アメリカンスタイルのIPA部門の金賞を受賞したブルワリーさんだそうで、新しいブルワリーさんかな?勢いがありそうですね(@_@)
はい、ビアっぷるは海外のブルワリーさんはよくわからないのでこの辺りで追求するのをやめますけどwww

そんなこんなで今回は『Revision(リヴィジョン)』から「Lord Lupulin(ロードルプリン)」を紹介しましたが、皆さんも機会があれば樽で是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • とおりすがり
    • 2018年 11月 23日

    缶で飲みましたけどずいぶん写真は色が薄いなぁと思いました
    ほかのブログでももっと色が濃かったので樽の底に沈殿してせいで甘さを感じなかったのかもしれませんね

    まぁーでもめちゃくちゃ甘いってものでもなかったですけどね(笑)

    • ビアっぷる
    • 2018年 11月 23日

    とおりすがり様
    ビアナビのビアっぷるです。

    貴重なコメントありがとうございます!
    しかしそんなに色に違いがありましたか…これ以降、ロードルプリンを飲んでなかったので気づきませんでしたが、
    確かに樽を繋げてから少し日が過ぎてたので、店側が樽をひっくり返してなければ十分あり得ますよね^^;

    缶はあまり好みではないので、樽でまた繋がってたら是非再飲してみますね!
    それでは引き続きビアナビを宜しくお願い致します^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る