【茨城】牛久醸造場:「ライフゴーズオン」をボトルで飲んでみました~

牛久醸造場(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、茨城県は牛久市にある『牛久醸造場(牛久ブルーイング)』さんから、「Life Goes ON(ライフゴーズオン)」をボトル樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『ゆず香(yuzuka)』を飲ませて頂き好みな方の🍺でしたが、今回はボトルな上に“カラギーナン”という謎の原材料が使われてる様です…さて、どんな感じでしょうか?😅

牛久醸造場(トップイメージ)_01

『牛久醸造場(牛久ブルーイング)』Life Goes ON(ライフゴーズオン) 詳細

ビール名:Life Goes ON(ライフゴーズオン)
ブルワリー:牛久醸造場(牛久ブルーイング)
ビアスタイル:ジューシーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:なし
facebook:牛久醸造場(牛久ブルーイング)

こちらがその「Life Goes ON(ライフゴーズオン)」のビール画像です。

牛久醸造場(ライフゴーズオン)_ボトル01
牛久醸造場(ライフゴーズオン)_ボトル02

Life Goes ON(ライフゴーズオン) 」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるブラウン系という感じでしょうか
香りは、独特な甘さを感じるのは何由来だろうか?…
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はないかな。また求めてる甘さはない。そしてホップ由来であろうグレープフルーツにも近いが微妙さのあるホップフレーバーから、酵母?原材料?からの独特な甘さもありながら酸味が僅かに。飲飲み後には舌奥で癖のある甘さが残り、この甘さは苦手。ボディはミディアムで飲み応えはあるものの残念ながら好みではありませんでした💦

拘りを感じる🍺の情報が見つからない…

この「Life Goes ON(ライフゴーズオン)」ですが、定番なのか?それすらも情報がないのがとても残念で、ホップの詳細も見つからず。ただ、原材料はボトルラベル横に記載のオーツ麦とカラギーナンを使い醸造されたジューシーIPAという事は理解できました。この🍺で気になったのは2点。先ずは“カラギーナン”です。『紅藻類から抽出される多糖類』だそうで、稀に原材料で見かける“アイリッシュモス”の言葉もチラホラ。気になってた“甘さ”が、アロマからも飲み口からもビアっぷるが欲しい甘さとは全く違う、独特なクセのある甘さを感じたのはコレが由来でしょうか!?。決して甘すぎるという事はないし、ビール自体は整ってる印象はあるが…好みとは違う苦手な甘さでした😅。そしてもう1点が、際立ってると感じた“泡立ち”です。紹介画像は静止画なので何ともですが、動画で見れば一目瞭然で中々消えないしっかりした泡で且つ綺麗✨。さすが知る人ぞ知る高い醸造レベルを持つヘッドブルワリーさんで、これぞ“拘り”と勝手に感じました。こんなご時世で樽(ドラフト)で飲める機会が減ったのは残念ですが、また見かけた際には是非飲ませて頂きたいブルワリーさんです😄

はい、という事で今回は茨城県は牛久市にある『牛久醸造場(牛久ブルーイング)』さんから、「Life Goes ON(ライフゴーズオン)」をご紹介しました。好みは人それぞれも、独特でクセを感じた甘さ。皆さんも機会があったら是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る