クラフトビール好きの為のウイスキー!?JAMESONから『ジェムソン カスクメイツ』が気になる…

こんにちは、クラフトビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

2017年の9月4日(月)にベルノリカールジャパン株式会社が扱う、
アイリッシュウイスキーのJAMESONで、業界初のスタウトビール樽を
使ったウイスキーとなる『ジェムソン カスクメイツ』を発売した様ですね。
詳しくはバレルエイジド樽と言った方が良いかな?^^;

どうやらアイルランドのマイクロブルワリーとなる、
「Franciscan Well(フランシスカン・ウェル)」とのコラボレーションで誕生した様で、
簡単に言うと、JAMESON社でウイスキーを造り、
熟成で使用した樽をフランシスカン・ウェルさんの方へ渡し、
アイリッシュスタウトをその樽で熟成させバレルエイジドを造り、
更にその樽をJAMESON社へ再度戻し、
バレルエイジドを造った樽でウイスキーを造った工程でできたのが、
今回の『ジェムソン カスクメイツ』なんですね(@_@)

よくあるのはワイン樽やウイスキー樽を使用した、
クラフトビールはよくあるりますが、
クラフトビールで熟成させた樽でウイスキーを造るというのは
革新的と言えば間違いないですね^^;

ビアっぷるは昔はバーボンウイスキーは良く飲んでましたが、
このJAMESON(ジェムソン)は飲ん記憶がない。
まぁ。今はほぼウイスキーは飲みませんので今飲むか!?
と言われれば、アルコール度数もウイスキーらしく40%との事で、
是非、興味本意で飲んで見たいですね。
バレルエイジドの香りが残ってるのだろうか…

クラフトビール業界の流れに乗って話題性はあり、
今後はBar等でも広まってきそうですね!

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 牛久醸造場(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、茨城県は牛久市にある『牛久醸造場(…
  2. 南信州ビール_ロゴ01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、長野県は上伊那郡にある『南信州ビー…
  3. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTE…
ページ上部へ戻る