北海道千歳市の『北海道ビール』から定番の「ピリカワッカ」を樽で飲みました~

ピリカワッカ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、 北海道の千歳市にある『北海道ビール』さんから
「ピリカワッカ」を樽で飲んだので紹介したいと思います。
因みに北海道物産展とかには缶ですが販売してたので
飲んだ事はありますがビアっぷるの拘りは
『絶対に樽で飲んで判断!』です^^;

ビール名:ピリカワッカ
ブルワリー名:北海道ビール
スタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.0%
URL:北海道ビール

こちらがその「ピリカワッカ」ですね。

見た目は光の具合かもう少し明るかった気がします。
香りは…うーん、状態なのか言葉は控えますが好ましくない。
飲み口は、ビアっぷるの好きなピルスナーという事で
期待をし過ぎたか水っぽく苦みもあり、
そして甘味がないという事でビアっぷるの好みではないが…
えっと、苦みや甘味等に関してはそのブルワリーさんが造るビールで
様々だから良いがどうも何かが違う気がする。
開栓してから日が過ぎてるのか保存状態が微妙だったか…
ホントにこれが普通なのだろうか?(@_@)
ちょっとこの状態で判断するのは好ましくないので、
また樽で飲める機会があればもう1度リベンジしたいと思うので
今回は申し訳ないが保留にします。

話を変えて、この『ピリカワッカ』さんですが気になったのは、、、
“ピリカワッカ”って何!?でしたが、だいぶ前に缶を購入した際に
店員さんに聞いたらアイヌ語で『きれいな水』という意味と( ..)φメモメモ

創業は前進の会社さんが1998年の地ビール時代に醸造開始したが、
2000年半ばに醸造を中止し事業も撤退。
それから2010年頃に現『(株)耕人舎』さんが買収したのか、
譲渡されたのかで受け継いだ様な事を聞いた記憶があります。
※間違ってたらごめんなさい><

気になるビールの方ですが基本はドイツスタイルで
仕込み水はナイベツ川の湧水を使っての醸造。
スタイルはこの『ピリカワッカ(ピルスナー)』の他に
・ヴァイツェン
・スタウト
の定番に加え、季節限定(ライトラガー、メルツェン、
レッドラガー等々)のビールを醸造されてる様ですね。

関東側のビアバーで『北海道ビール』さんのビールが
繋がってるのは少ないですがありますよね。
ただ、ピリカワッカしか見た事がない。
他のスタイルはあまり卸してないのかな…(@_@)

はい、今回は『北海道ビール』さんから
「ピリカワッカ」を紹介しましたがちょっと状態に疑問があり、
一旦保留という形でご了承くださいませ><
皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

PS:定番ビールなのでビア日記のカテゴリに入れます

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る