イギリスの「NEWCASTLE BROWNALE(ニューキャッスル・ブラウンエール)をドラフトケグで飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

少し前ですがイギリスでは別名“ドッグ・ビール”とも呼ばれる超有名なビール、
NEWCASTLE BROWNALE(ニューキャッスルブラウンエール)を
御好意でドラフトケグで飲める機会がありましたので紹介したいと思います。
国内では通販サイトにてボトルで飲める可能性は高いと思いますが、
日本ではなかなか飲めない超貴重なケグ飲みとの事、ラッキー♪^^;

因みにビアっぷるはこのビールを知らなかったのですが、
ハイネケンさんの傘下でとの事で、超有名のビールなんですね!
バス・ペールエールはHUBさんでよく飲んでましたが、
どんだけ海外ビールに疎いビアっぷるでしょうか^^;

ビール名:NEWCASTLE BROWNALE(ニューキャッスル ブラウンエール)
ブルワリー名:スコティッシュ・アンド・ニューカッスル・ブルワリー
原産国:イギリス
スタイル:エール
アルコール度数:4.7%

はい、先ずはビール画像ですが、

こんな感じで琥珀色ながらやや透き通ってました。
香りですが注いで即感じましたが『カラメル感満載!(@_@)』という感じで、
甘味を感じる凄く華やかな香りで驚きましたよ、正直。

そして、とても大事な味ですが…
カラメル感が香りに負けず劣らず強く出ており、
甘味とコクを感じる凄く飲みやすいビールでかなり好み。

久しぶりにここまでカラメル感を感じたビールって、
スタイルは変わるが福島県の猪苗代ビールさんが醸造してる、
ビアっぷる好みのブラウンヴァイツェン以来かな。
モルトが重過ぎないのも大きなポイントでビアっぷるが好みの味でした。

因みにケグはこんな感じ。

日本でこのケグで飲むことは現時点では難しい様ですが、
ビアっぷるの好みでして贅沢にもパイントで4杯くらい飲んでしまいました^^;

また、ボトル(画像なくてすいません…)とも飲み比べをしたのですが、
ケグの方が断然香りが強く味もフレッシュな感じで
明らかにボトルとケグの違いを感じました。

はい、海外ビールはあまり好まないビアっぷるともう皆さんご存知でしょうが、
やはり世界は広くまだまだ飲んだ事がないビールも多く、
勉強も足りないビアっぷる。これを機に海外ビールを少しずつでも機会があれば、
意識してみようかな!?と思いました^^;

皆さんもボトルが通販で販売されてますので、
機会があればニューキャッスルのブラウンエールを飲んでみてくださいね~

今回はここまで。

それでは、また~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. VERTERE(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTE…
  2. のぼりべつ地ビール鬼伝説(ロゴ1)_NEW2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地…
  3. 志賀高原ビール(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビ…
ページ上部へ戻る