【熊本】アマクサソナービール:「Trench(トレンチ)」を樽で飲んでみました~

アマクサソナービール(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより、「Trench(トレンチ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Black Pearl(ブラックパール)』のポーターでしたが、今回はヘイジーIPA✨。さて、どんな感じでしょうか😄

アマクサソナービール(トレンチ)_イメージ01

『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』Trench(トレンチ) 詳細

ビール名:Trench(トレンチ)
ブルワリー:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:7.0%
IBU:24
URL:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
facebook:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)

こちらが「Trench(トレンチ)」のビール画像になります。

アマクサソナービール(トレンチ)_01

「Trench(トレンチ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りはあるがややブラウン寄りという感じかな
香りは、控えめで柑橘っぽさを思わせるヘイジー感
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌奥でやや残る程度かな。また求めてる甘さはない。そしてグレープフルーツを思わせる柑橘さのあるホップフレーバーから、苦味がきゅっとくる。甘さはそこまで感じないがパインの様な味もチラホラ。飲み後にはヘイジーさはあるが…飲み応えが物足りず全体的にすっきりで軽め。ボディはライトで飲みやすさはあれど、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ライトなヘイジーIPA

この「Trench(トレンチ)」ですが、ホップはネルソンソーヴィンとシムコークライオ、シムコー、そしてエルドラドの4種類かな。またその他原材料に記載がないが、初めて知った“Fog”という酵母を使い醸造されているヘイジーIPA。今回のビールは公式サイトにもある様に『ホップのキャラを活かすべく、ボディは軽めにスッキリと仕上げた』との事。確かにホップの特徴を活かして飲みやすくスッキリなビール🍺。ブルワリーさんからしてみれば“想定通りのビール”が造れてる印象を受けましたので素晴らしい事。もちろんコレはコレでファンはいると思うが、ビアっぷるが思うアマクサさんのヘイジーは『LUPLINLIN(ルプリンリン)』とこっちかな✨。クライオホップを数種類使い、アルコール度数は6.5%ながら飲み応えと濃さもありかなり好み。対してあくまでも好みではあるが今回はちょっと逆方向のビールという感じで、スッキリを好む方には合いそうなヘイジーIPA🍺。あ、見比べてふと思ったのが…偶然か?飲ませてもらったヘイジー2種類が共に色味が濃淡の黄色やオレンジ系ではなくブラウン寄り。ヘイジーIPAだけに敢えて濁らせない時代ではないと思うが…と、ここが気になったビアっぷるでした😅。

はい、という事で今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより「Trench(トレンチ)」をご紹介しました。ライトで飲みやすいヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る