【熊本】アマクサソナービール:「ルプリンリン」をボトルで飲みました~

アマクサソナービール(トップイメージ)_01

今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより、「LUPLINLIN(ルプリンリン)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は、ランビックの『Various island(バリアスアイランド)』でしたが、今回はヘイジーIPAという事で非常に楽しみですがどんな感じでしょうか😄

アマクサソナービール(ルプリンリン)_イメージ01

『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』LUPLINLIN(ルプリンリン) 詳細

ビール名:LUPLINLIN(ルプリンリン)
ブルワリー:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:47
URL:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
facebook:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)

こちらが「LUPLINLIN(ルプリンリン)」のビール画像になります。

アマクサソナービール(ルプリンリン)_ボトル01
アマクサソナービール(ルプリンリン)_ボトル02

LUPLINLIN(ルプリンリン)」 飲み応えレビュー

見た目は、泡立ちが良く濁りのあるブラウン系だが瓶底のオリが混ざりややオレンジ黄色へ
香りは、柑橘っぽさ等など華やかなホップ感とヘイジー感がしっかり
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性としては舌奥で残る感じかな。また求めてる甘さはない。そして柑橘系のホップフレーバーが際立ちながら、ジューシーさもそれなりに感じれる。また飲み後には、控えめな甘さと温度上昇で苦味がUPするも許容範囲内。そして最後の最後に塩っぽさも感じれる。ボディはミディアムで飲み応えもあり、深みも感じれビアっぷるは好みな方のビールでした✨

クライオホップ感炸裂なヘイジーIPA

この「LUPLINLIN(ルプリンリン)」ですが、ホップはクライオシトラにクライオシムコー、モザイクとクライオモザイク、更にエクアノットとセンテニアルの計6種類を使われてます。また原材料には“天日塩”を使い醸造されたヘイジーIPAですね。当初ランビックを飲ませて頂いた後、間隔を空けるはずが…思わずヘイジーIPAを発見したのでつい手が出てしまいました😅。が、これが飲ませて頂いて大正解🎵。🍺説明にもありますが、どうやら“採算度外視”という事でクライオホップを大量に投入された事で、WCBさん級の濃さに近い感じで奥深さにホップの華やかさも感じれたヘイジーIPAになってましたね✨。また、ビアっぷる的には最後の最後にほのかに感じれた“塩味”が🍺を締めてくれた印象もあり、且つモザイクホップが強調され過ぎてないのがビアっぷる的にはより好みと感じれたポイントでした😊。アマクサソナーさんの🍺はあまり飲める機会がないのですが、また機会があれば理想は樽(ドラフト)ですが、ボトルでもあればヘイジーIPAは飲んでみたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより、「LUPLINLIN(ルプリンリン)」をご紹介しました。濃いめのヘイジーIPAを好む方は是非!、皆さんも機会があれば飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る