【神奈川】パシフィックブリューイング:「ポム」を樽で飲んでみました~

パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』さんから「Pomb(ポム)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Mallory(マロリー)』のダークストロングエールでしたが、今回のビアスタイルはドライホップドサワー。さて、どんな感じでしょうか😄

パシフィックブリューイング(ポム)_イメージ01

『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』Pomb(ポム) 詳細

ビール名:Pomb(ポム)
ブルワリー名:Passific Brewing(パシフィックブリューイング)
ビアスタイル:ドライホップドサワー
アルコール度数:5.5%
IBU:???
facebook:Passific Brewing(パシフィックブリューイング)

コチラがその「Pomb(ポム)」のビール画像です。

パシフィックブリューイング(ポム)_01

「Pomb(ポム)」飲み応えレビュー

見た目は、ややクリア感のある明るめな山吹色という感じでしょうか
香りは、乳酸菌を思わせる爽やかな感じが心地よい
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまでないかな。また求めてる甘さはない。そして程よい控えめさのある酸味をちゃんと感じつつ、ちょいエグみさ。飲み後には甘さがないものの、優しいホップの余韻がこれまたGOOD。ボディはライトながら飲み応えもしっかりあり、凄く飲みやすい。ビアっぷるは好みな方のサワーでしたが、初心者向きかな?✨

飲みやすい“初心者向け”サワー!?

この「Pomb(ポム)」ですが、ホップの記載及びその他原材料の記載がないのはいつもの事😅。1口飲んで思った事は、『サワーを飲まれた事がない方』や『サワーが酸っぱ過ぎて苦手な方』と思ってる方には是非一度飲んでもらいたい。というのも酸味が弱すぎずそして強すぎない、そしてボディが軽すぎず重すぎない、“ちょっと物足りない絶妙な酸味感とボディ感”。飲みやすくシンプルなサワーという感じで正に、初心者さんにはピッタリなサワーでは?と思えました。因みにビアっぷるとして求めてるサワーは、好みは人それぞれだが別次元と感じたハドソンバレーさんの『Glycerin Pink Guava & Red Currant(グリセリン ピンクグァバ&レッドカラント)』。ただ今回のサワーは、シンプルさに加えドリンカビリティとまでは言わないがバランス的には好印象。勝手ながら、今夏に向けて少しマニア向けな酸味をやや強く感じる爽やかサワー🍺を期待したくなっているビアっぷるでした😁


はい、という事で今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』さんから「Pomb(ポム)」をご紹介しました。シンプルで酸味も控えめなサワー🍺。皆さんも機会があれば是非飲んで見て下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る