【千葉】寒菊ブルワリー:「出羽燦々(でわさんさん)」をボトルで飲んでみました~

寒菊ブルワリー(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、千葉県は山武市にある『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』さんから「出羽燦々(でわさんさん)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は野菜のビーツを使ったスムージーサワー『Beets Smoothie(ビーツスムージー)』でしたが、今回はフルーツ+酒粕を使ったスムージーとの事。さて、どんな感じでしょうか😄

『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』出羽燦々(でわさんさん) 詳細

ビール名:出羽燦々(でわさんさん)/SAKEKASU SMOOTHIE
ブルワリー名:Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)
ビアスタイル:酒スタイルサワースムージー
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:Kankiku meijo(寒菊銘醸)
facebook:Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)

こちらが「出羽燦々(でわさんさん)」のビール画像になります。

寒菊ブルワリー(出羽燦々)_ボトル01
寒菊ブルワリー(出羽燦々)_ボトル02

「出羽燦々(でわさんさん)」飲み応えレビュー

見た目は、泡立ちが弱くトロみを思わさせる鮮やかな明るい黄色
香りは、みかんとほんのりな甘酒感?
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌奥で微残る程度。そして爽やかな酸味を感じるみかん感が前面に立ち、後追いでパイナップル感。また、滑らかさはあれどトロみ感が全くなくサラサラでアルコール度数5.0%+かなり控えめな酒粕感から、“ジュース寄りなスムージー”な印象。飲み後には微甘さと共に優しく感じて微ホップの苦味。ボディはライトで飲み応えは物足りず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

“噛む”とちょっと新鮮!?

この「出羽燦々(でわさんさん)」ですが、ホップは種類までわからず。また原材料には温州みかんのピューレにパイナップルピューレ、酒粕(出羽燦々)を加え醸造された酒粕スムージーサワーですね。今回で寒菊さんから酒粕スムージーとしてリリースは2度目。素直に感じたのは『アルコール入りみかんスムージー』かな😅。アルコール度数5.0%を感じさせない飲みやすさに、各々フルーツの存在を感じつつ控えめな甘酒フレーバーと味が微。初飲みの方でお酒に弱い方でも『これビール🍺!?』という飲みやすさは感じれるはず。また、ビアっぷる的に是非一度為試して欲しいのが、敢えて“液体を噛む”。感じ方は人それぞれですが、“酒粕感”がジワジワ感じれたところにちょっと新鮮さを感じた✨。寒菊さん“らしさ”を感じるフルーツスムージーサワー。次は、アルコール度数高めのドロドロスムージーを飲んでみたいなぁ~と思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、千葉県は山武市にある『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』さんから「出羽燦々(でわさんさん)」をご紹介しました。アルコールを感じさせないみかんスムージー🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る