【長野】志賀高原ビール:「SHIGA KOGEN HELLES!? 2023ver.」を樽で飲んでみました~

志賀高原ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『Shigakogen Beer(志賀高原ビール)』さんより「SHIGA KOGEN HELLES!?(志賀高原ヘレス!?) 2023ver.」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『SHIGA KOGEN PILS!?(志賀高原ピルス!?)』でしたが、今回は“ヘレス!?”との事ですが新バッチでもあり以前との違いは?る。さて、どんな感じでしょうか😄

志賀高原ビール(志賀高原ヘレス!? 2023ver.)_イメージ01

『Shigakogen Beer(志賀高原ビール)』SHIGA KOGEN HELLES!?(志賀高原ヘレス!?) 2023ver. 詳細

ビール名:SHIGA KOGEN HELLES!?(志賀高原ヘレス!?) 2023ver.
ブルワリー名:Shigakogen Beer(志賀高原ビール)
ビアスタイル:ヘレス
度数:5.0%
IBU:15
URL:Shigakogen Beer(志賀高原ビール)
facebook:玉村本店

コチラが「SHIGA KOGEN HELLES!?(志賀高原ヘレス!?)/2023ver.」のビール画像です。

志賀高原ビール(志賀高原ヘレス!? 2023ver.)_01

「SHIGA KOGEN HELLES!?(志賀高原ヘレス!?) 2023ver.」飲み応えレビュー

見た目は、クリアー目なブラウンという感じかな
香りは、思ってたよりは控えめなモルトさ
飲み口は、ホップの苦味はややあるが持続性は許容範囲内。また求めてる甘さは微あり。そしてモルトさを感じるが…思ってたよりだいぶ控えめで、ホップの苦味が程よく後追い。飲み後には甘さがなく、温度上昇で苦味はややUP。ボディはライトで飲みやすさの方向に向かってる印象だが、濃さや飲み応えは物足りず。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

“食中酒”としてのヘレス?

この「SHIGA KOGEN HELLES!?(志賀高原ヘレス!?) 2023ver.」ですが、ホップはドイツの伝統的アロマホップと自家栽培の信州早生の2種類かな?。モルトはピルスナー等など。そしてデコクションとクラウゼニングというドイツの伝統的製法で仕込み、60日間の熟成期間を経て醸造されたヘレス。因みに志賀さんがヘレスを醸造!?でボトルでも迷わず購入した2021年9月の『SHIGA KOGEN HELLES!?/ボトル・2021ver.』🍺。それから間隔が空いて久しぶりに飲ませてもらったヘレスだが、全体的にモルトさやホップ感はそこまで変わらず控えめ。やはり“求めている飲み応えのあるヘレスさ”として物足りなく感じた💦。ただ、公式のコメントに『モルト・ホップを主張し過ぎず醸造されてる』との事で、志賀さんが求める“食中酒”としての“飲みやすさ”や“邪魔しないビールとして造られた”と想定すると、やや理解できるかな?。ええ、“クラフトビールを食中酒として飲まない”ビアっぷるには許容範囲外となるので理解できないのも本音です😅。好みは人それぞれですが、最近だとワイマさんの『What The Hell(ワットザヘル) 2023ver.』が好印象もヘレスにも色々あるなぁ~と改めて実感するビアっぷるでした。

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『Shigakogen Beer(志賀高原ビール)』さんより「SHIGA KOGEN HELLES!?(志賀高原ヘレス!?) 2023ver.」をご紹介しました。モルト<ホップ寄りで優しく控えめな印象のヘレス🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. ブルークラシック(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、石川県は金沢市にある『Brew C…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る