『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』から「ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)」を樽で飲んでみました~

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、このブログでは紹介する頻度が高くなってきた静岡県掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、限定醸造の「ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。

ビール名:ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
スタイル:ベルジャントリペル(バレルエイジド)
アルコール度数:9.0%
facebook:Kakegawa Farm Brewing

こちらが「ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)」のビール画像はコチラです。

カケガワファームブルーイング ウイスキーリミテッド

見た目は透き通った感じでやや茶褐色寄りの黄金色ですね。
香りはフルーティーさの中にバニラの様な甘さを感じていかにも好みで楽しみ。
飲み口は、さっぱりな中にウイスキーの木樽で香りをつけたという香りもしっかり感じれる。また、苦みはほとんどないに等しくビールにコクもありビアっぷるが好みの甘味が出て凄く美味しい。このカケガワファームさんから好みのビールが出てきたかと思いましたが、アルコール度数9%というのがいい感じで効いてくるんですよねwww。ビアっぷるはほんとカケガワファームさんのビールと相性が良いと再度実感しました^^;

ビアっぷるはアルコール度数が高く甘さを持つビールが好みでもありますが、このスタイルがベルジャントリペルからウイスキー樽を使って香りを付けるという醸造過程自体がもう好み。ちゃんとウイスキーの香りもついて、バニラの様な香りもしっかり出ておりビールに雑味もない。また、今回の「ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)」もビールバランスもばっちりで綺麗に仕上がってる印象。前回ホワイトエールとして紹介した『メロックス』とはまた違うスタイルで醸造できる技術は素晴らしい。やはり新規ブルワリーさんと言っても元ブラッセルズさんにいた実績と技術は嘘をつきませんね。今後もどんなビールを出してくるのか本当に楽しみなブルワリーさんです。

という事で、今回は『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』から「ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)」をご紹介しました。ハイアルコールでうっかり飲み過ぎると危険!?ですが、皆さん機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る