【静岡】West Coast Brewing:「FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン2)」を樽で飲みました~

WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストver.2)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。少し前のビールですふぁこのビールはホップの種類を変更したという感じのかな?何れにせよ毎度楽しみなブルワリーさんですが、果たして今回はどんな感じでしょうか( ´∀`)

ビール名:FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン2)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
ビアスタイル:Hazy Double IPA
アルコール度数:8.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)

コチラがその「FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン2)」のビール画像です。

West Coast Brewing(FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン2)

見た目は、パイントでドン!ですが、ヘイジー満載の濁りのある黄色ですね。
香りは、ヘイジー全開のジューシーさだしつこくなく絶妙で素晴らしい。
飲み口は、ホップの苦味は抑えめで求めてる甘さは少しだけある感じかな。ボディはミディアムながら濃厚な感じでビールバランス共々やはり素晴らしく飲みやすい。これもお世辞抜きに素晴らしいビールでビアっぷるの好みでした( ´∀`)

はい、この「FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン2)」ですが、以前のホップがアイダホ7、サブロ、コメット、ストラータと記載されておりましたが、今回はギャラクシーとシトラを大量に使ったということで良いのかな?香りには柑橘&パッションフルーツ、グァバ、メロン、パインのフレーバーが味覚を擽る。という事だが、もうホップが変わろうが、そのホップの特徴を活かしながらビール自体の完成度も相変わらず良く、このブルワリーさんのビールを飲むたびに、毎度良い意味で固定観念を覆される。約10年かけて色々なビールを飲んできたからこそと思うが、脳にあるビアスタイルのおおよその味や記憶が、新たに上書きされるほど本当に素晴らしいブルワリーさんだと思ってます。きっとお客さんに『美味しい』と言われても驕らず上を向いて“求められるビールとは”を追求してきた結果と思いますし、今後も新たなビールが楽しみなビアっぷるです( ´∀`)

そして恒例のビールフライヤータイム!?www。先ずは以前の今回は、FULL HOP ALCHEMIST (フルホップアルケミスト)が

West Coast Brewing(FULL HOP ALCHEMIST)_image

これですが、「FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン2)」は、

West Coast Brewing(FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン2))_イメージ1

こんな感じでおおまかな変更は、バックの色味が緑系から茶系へ変わったという事でしょうか。あ、その他細かいところは抜きにして液体も赤から水色に…この意味はきっと、全くわかりません!www。が、ヘッドブルワーさんには今回使用したギャラクシーとシトラホップをイメージすると青色の何かが見えてるのかも…これは神!?と、画を見て遊んでるビアっぷるですがすいません…このへんでやめときます(^_^;)。しかし毎度、サイトにはビールの説明があり画を見ながら考えますが、、、何か意図があるのはわかっててもなかなか難しいもんですね(^^ゞ

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン2)」をご紹介しました。場所が場所だけに先日の台風の影響は大丈夫だったろうか…と心配ではありますが、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビ…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 いやぁ、本当に困りましたね…このコロナの影…
  3. NomCraft Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、和歌山県は有田郡にあるNomcra…
ページ上部へ戻る