栃木県の宇都宮ブルワリー(BLUE MAGIC)が造った貴重な『ぺっぺぺ~ペールエール』を樽で飲んでみた…

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

先日、ビアバーに変わった名前のクラフトビールが繋がってたので飲んでみました。
栃木県にある宇都宮ブルワリー(BLUE MAGIC)さんが造った、
『ぺっぺぺ~ペールエール』ですね。
何を言ってるのかさっぱりわからないビール名ですが、
どうやら栃木県の方には伝わる方言!?の様でビアっぷるにはさっぱり^^;

商品名:ぺっぺぺ~ペールエール
スタイル:アメリカンペールエール
アルコール度数:4.7%
IBU:10
醸造者:宇都宮ブルワリー

この『ぺっぺぺ~ペールエール』ですがどうやら限定10樽程度しか卸してない様で、
ビアっぷるがたまたま行ったビアバーに繋がってるという奇跡的状況。
はい、アメリカンペールエールだが結果的にラッキーと思いました。
というのが、そもそもIPA嫌いのビアっぷるが最近気づいたのは、
本当はペールエールが嫌いでは!?と自身に自問自答して気づいてる最中でした。
そんな中で現れたのが『ぺっぺぺ~ペールエール』です。

スタイルはアメリカンペールエールという事で更に興味が無くなる訳ですが、
ひょんな事から飲む機会ができましたので飲みました。

最初の感想は「これアメリカンペールですか!?
今流行りのニューイングランドIPAに似てるがペールエールって…
あ、ニューイングランドペールエールですか!?」
はい、そんなスタイルはないとビアバーの方に言われましたがwww

IBU10というのも二度見しましたが頷けるくらい苦みがなく、
またビアっぷるが感じるペールエール独特の苦手さも感じられず非常に飲みやすい。
ペールエールにしては美味しいと思えた『ぺっぺぺ~ペールエール』でした(^^;)

色もニューイングランドスタイルに似て濁ってる感じでしたし、
過去宇都宮ブルワリーさんのクラフトビールを飲んでますが、
断然これが1番美味しいという感じでした。

このビールはクラフトビール名にもインパクトがあり、
樽鵜数も少ない事から飲めたという貴重な経験ができましたが、
ホントどこでどんなビールが出ててどんな味かは10社10色ですからね。

飲んでみないとわからないのがクラフトビールですが、
貴重な樽に偶然巡り合うのもまたクラフトビールの良さですね。

自分が苦手と思うスタイルのビールが飲める!と覆されると、
よりそのブルワリーの今後が気になってきますね。
宇都宮ブルワリー(BLUE MAGIC)さんのビールが気になります。

また、機会があれば飲めればいいな。
今回はこんな感じでした。

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーも飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか飲まず、缶・ボトルは、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 貴重なコラボビールを樽で飲める事がどれだけ嬉…
  2. 仙南クラフトビール ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 ようやく、ようやく待望の!?ニューイングラン…
  3. 月と太陽Brewing ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 久しぶりの登場となりますが北海道札幌市の『月…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 ちょっと一瞬目を疑ったビアっぷるですが、サン…
  5. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今年の4月にも「Juicy Drop IPA…
ページ上部へ戻る