栃木県の宇都宮ブルワリー(BLUE MAGIC)が造った貴重な『ぺっぺぺ~ペールエール』を樽で飲んでみた…

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

先日、ビアバーに変わった名前のクラフトビールが繋がってたので飲んでみました。
栃木県にある宇都宮ブルワリー(BLUE MAGIC)さんが造った、
『ぺっぺぺ~ペールエール』ですね。
何を言ってるのかさっぱりわからないビール名ですが、
どうやら栃木県の方には伝わる方言!?の様でビアっぷるにはさっぱり^^;

商品名:ぺっぺぺ~ペールエール
スタイル:アメリカンペールエール
アルコール度数:4.7%
IBU:10
醸造者:宇都宮ブルワリー

この『ぺっぺぺ~ペールエール』ですがどうやら限定10樽程度しか卸してない様で、
ビアっぷるがたまたま行ったビアバーに繋がってるという奇跡的状況。
はい、アメリカンペールエールだが結果的にラッキーと思いました。
というのが、そもそもIPA嫌いのビアっぷるが最近気づいたのは、
本当はペールエールが嫌いでは!?と自身に自問自答して気づいてる最中でした。
そんな中で現れたのが『ぺっぺぺ~ペールエール』です。

スタイルはアメリカンペールエールという事で更に興味が無くなる訳ですが、
ひょんな事から飲む機会ができましたので飲みました。

最初の感想は「これアメリカンペールですか!?
今流行りのニューイングランドIPAに似てるがペールエールって…
あ、ニューイングランドペールエールですか!?」
はい、そんなスタイルはないとビアバーの方に言われましたがwww

IBU10というのも二度見しましたが頷けるくらい苦みがなく、
またビアっぷるが感じるペールエール独特の苦手さも感じられず非常に飲みやすい。
ペールエールにしては美味しいと思えた『ぺっぺぺ~ペールエール』でした(^^;)

色もニューイングランドスタイルに似て濁ってる感じでしたし、
過去宇都宮ブルワリーさんのクラフトビールを飲んでますが、
断然これが1番美味しいという感じでした。

このビールはクラフトビール名にもインパクトがあり、
樽鵜数も少ない事から飲めたという貴重な経験ができましたが、
ホントどこでどんなビールが出ててどんな味かは10社10色ですからね。

飲んでみないとわからないのがクラフトビールですが、
貴重な樽に偶然巡り合うのもまたクラフトビールの良さですね。

自分が苦手と思うスタイルのビールが飲める!と覆されると、
よりそのブルワリーの今後が気になってきますね。
宇都宮ブルワリー(BLUE MAGIC)さんのビールが気になります。

また、機会があれば飲めればいいな。
今回はこんな感じでした。

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約7年
好きなスタイル:ピルスナー
苦手なスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーでも飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか飲まず、缶・ボトルは…好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. こんばんは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今週末は栃木県のブルワリーさんが集まる…
  2. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、 北海道の千歳市にある『北海道ビール…
  3. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、 ビア仲間よりプレゼントして頂いた …
  4. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、 北海道の江別市にある『ノースアイラ…
  5. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、2018年5月15日(火)に発売されま…
ページ上部へ戻る