【埼玉】ユービーピーブルワリー:「フェスティバルノヴァ」を樽で飲んでみました~

ユービーピーブルワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、埼玉県はさいたま市にある『U.B.P Brewery(ユービーピーブルワリー)』さんより「Festival Nova(フェスティバルノヴァ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回初飲みだった『Guten Tag Kolsch(グーテンタークケルシュ)』が好印象。今回はこの業界では醸造して当たり前となったヘイジーIPAを初飲み✨。さて、どんな感じでしょうか😄

ユービーピーブルワリー(フェスティバルノヴァ#29)_イメージ01

『U.B.P Brewery(ユービーピーブルワリー)』Festival Nova(フェスティバルノヴァ) #29 詳細

ビール名:Festival Nova(フェスティバルノヴァ) #29
ブルワリー名:U.B.P Brewery(ユービーピーブルワリー)
ビアスタイル:DDHヘイジーIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:28
URL:U.B.P Brewery(ユービーピーブルワリー)
facebook:U.B.P Brewery(ユービーピーブルワリー)

それでは「Festival Nova(フェスティバルノヴァ) #29」のビール画像はコチラです。

ユービーピーブルワリー(フェスティバルノヴァ#29)_01

「Festival Nova(フェスティバルノヴァ) #29」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴの明るめなオレンジより黄色
香りは、強めな甘やかさとキャンディっぽさが…
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はそこまで感じれず。また求めてる甘さより加糖っぽさあり。そして柑橘フレーバーも感じるが、独特な甘やかさとミルキーっぽさが後追い。ジューシーさはなく、飲み後には加糖された甘さと温度上昇でもホップの苦味は平行線のまま。ボディはミディアムで口当たりの滑らかさをやや感じるが、独特な甘さで飲み進まず。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

王道ビアスタイルを是非!

その「Festival Nova(フェスティバルノヴァ) #29」ですが、ホップは記載がなく種類までわからず。また、その他原材料にはオーツ麦を使用しマルトデキストリンを加え醸造されたDDHヘイジーIPAの様ですね。先ず結論ですが、“加糖した甘やかさと甘さを強めに感じるヘイジーIPA”という印象です😅。因みに飲ませて頂く前は、
・ヘッドブルワーさんが元ひでじさん
・醸造技術の高さをかなり感じた初飲み“ケルシュ”
これらを基に今風なキャンディ系ヘイジーではないと勝手に判断したのは本音。時代の流れと王道のビアスタイルより“売れる”という事もあってか?醸造されるのは当然だろうが、残念ながら今回はビアっぷるが求めてる方向性のヘイジーではなかった。ただ、もちろん再度ヘイジーがリリースされれば醸造技術の高さから飲ませて頂きたいが、逆に王道ビアスタイルの方がビアっぷるはしっくりくるかもしれない!?。ヴァイツェンやピルスナー、ヘレス等など今の時代で派手さはないがブルワリーさんの定番として今後淘汰される上では必要なビアスタイルでもあるはず。是非これらのビアスタイルを醸造された際には是非飲ませて頂きたいと思うビアっぷるでした。

はい、という事で今回は埼玉県はさいたま市にある『U.B.P Brewery(ユービーピーブルワリー)』さんより「Festival Nova(フェスティバルノヴァ) #29」を紹介しました。甘やかミルキーキャンディっぽさの感じるヘイジーIPA🍺。皆さんも機会あれば飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. グランドラインブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回はこのブログで初登場のブルワリーさんで…
  2. ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_03new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black…
  3. ティーンエイジブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、埼玉県は比企郡にある『Teenag…
ページ上部へ戻る