【東京】バテレ:「リポネスコ」を缶で飲んでみました~

VERTERE(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんから「Liponesco(リポネスコ)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はWCBさんとのコラボビール『Window to VERTERE(ウインドウトゥバテレ)』でかなり好みでした✨。今回はビアっぷるの好みが多いサワー系ですのでコチラも楽しみですが、どんな感じでしょうか😄

VERTERE(リポネスコ)_イメージ01

『VERTERE(バテレ)』Liponesco(リポネスコ) 詳細

ビール名:Liponesco(リポネスコ)
ブルワリー名:VERTERE(バテレ)
ビアスタイル:ブラックカラントサワー
アルコール度数:6.0%
IBU:0
URL:VERTERE(バテレ)
facebook:VERTERE(バテレ)

こちらが「Liponesco(リポネスコ)」のビール画像になります。

VERTERE(リポネスコ)_缶01
VERTERE(リポネスコ)_缶02

「Liponesco(リポネスコ)」飲み応えレビュー

見た目は、泡が薄いピンクで濁りのある濃い赤紫系という感じでしょうか
香りは、ベリーの様な爽やかさと裏腹に独特さのある風味も
飲み口は、ホップの苦味はややあるが持続性は舌奥で優しく残るという感じかな。また求めてる甘さはない。そしてベリーの爽やかさからキュッとくるが絶妙なバランスの酸味感。そして独特なクセ感が続き、飲み後には控えめな甘さの中にホップの程よい苦味と優しいエグみから最後に何やらピリピリ感が残る。ボディはミディアム寄りのライトで飲みやすいが、独特な癖感が気になり残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

独特さを感じるクローブ!?が…

この「Liponesco(リポネスコ)」ですが、ホップはベルマのみの様ですね。またモルトはウィート等で、酵母には何やらLactobacillus(ラクトバチルス)というのも使われてる模様。そしてその他原材料には、オーツ麦やカシス果汁にクローブ、更にバニラに缶には記載がないが公式サイトに記載のある“ラクトース”を加え醸造されたサワーエールですね。なるほど、ベリー系の味はカシスでしたか。ただ、この果汁は甘酸っぱいというよりは甘さかなり控えめで酸味が強めに感じる程甘さが弱かった。。そしてバニラ感が全くと言っていいほどピンと来なかったが、感じ方は人それぞれも、独特なクセ感は“クローブ”由来だろうか?という感じでこの部分だけが気になったが…とても惜しいビール🍺という感じでした😅。あ、そう言えば、バテレさん6周年記念ビールが2本リリースされましたね。共に手に入らず悲しんでたビアっぷるですが…先日ビア仲間より購入して頂けたという連絡を頂き“ヘイジー”の方が手に入りました~✨。とても楽しみにしているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんから「Liponesco(リポネスコ)」をご紹介しました。カシス感はしっかりで独特なクセ感が気にならない方には良いかも!?。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る