箕面ビール×京都醸造:限定コラボビールの「桃姫(ももひめ)」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は箕面市にある箕面ビールさんの大人気ビールの桃ヴァイツェンを使い、京都府は京都市にある京都醸造さんと限定コラボビールとなった「桃姫(ももひめ)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。まず、このビール名を見た時にマリオブラザーズの“ピーチ姫”と思ったのはビアっぷるだけではないはず!?どんなビールになってるか楽しみですね~( ´∀`)

ビール名:桃姫(ももひめ)
ブルワリー:箕面ビール×京都醸造
スタイル:桃サワーセゾン
アルコール度数:6.5%
IBU:???
facebook:箕面ビール
facebook:京都醸造

こちらがその「桃姫(ももひめ)」のビール画像です。

箕面ビール×京都醸造(桃姫(ももひめ))

見た目は、濁りのある黄色で桃ヴァイツェンが出てる感じですね。
香りは、酸味が強く出ており桃感は探さないと見つからない程。
飲み口は、ホップの苦味は感じられないのは良いのだが、何より酸味が予想以上に強調されており、桃のフルーティーさと味自体が何度も脳に捜索願いを出すも
微かに感じる程度ですがほとんど全て消えてる印象。ボディはミディアム寄りのライトでさっぱりしてはいるものの、桃の余韻も感じれなかったのは勿体ないな。残念がらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

この「桃姫(ももひめ)」ですが、箕面ビールさんの超絶人気ビール“桃ヴァイツェン”を使って、箕面ビールさんに赴いた京都醸造さんが得意とするサワースタイルで仕上げた限定コラボビールですね。使われたホップ等はわからないのが残念ではあるが、桃は微かな感じからは多分『川中島ver.』な気がしてるのですが、
どこにも記載がないので勘ですので悪しからず(^_^;)。このコラボビールは双方実績のある有名なブルワリーさん同士だけに双方の良さを活かしてくると思いきや、ビアっぷる的には京都醸造さんがかなり強調されて仕上がったビールと思いました。

実はもう1つ、箕面ビール×京都醸造さんとのコラボビール

京都醸造×箕面ビール(黒猿王子(モンキープリンス)_イメージ1)

「黒猿王子(MONKEY PRINCE)」というのがあるそうです。相変わらず綺麗でこのビールが飲みたくなる画像ですね。因みにビール名は“くろざるおうじ”と思ってたらモンキープリンスでしたが英語の方がカッコいいですねwww。こちらは京都醸造さんに赴いた箕面ビールさんとベルジャンインペルアルスタウトを醸造されてる様ですが、湘南ビールさんのベルジャンスタウトを長年飲んでたビアっぷるとしては、求めてる甘さが残るビールな気がしてならず、これは是非飲んでみたいものです!!( ´∀`)

はい、という事で今回は箕面ビール×京都醸造さんの限定コラボビール「桃姫(ももひめ)」をご紹介しました。有名ブルワリーさん同士のコラボビールだけに早期になくなりそう…皆さんも飲める機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る