【長野】イナデイズブルーイング:「HAZY DAZE with WILD GRAPE」を樽で飲んでみました~

イナデイズブルーイング(ロゴ01)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は伊那市にある『In a daze Brewing(イナ デイズ ブルーイング)』さんから、「HAZY DAZE with WILD GRAPE(ヘイジーデイズ ウィズ ワイルドグレープ)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。因みに以前のヘイジーIPAは『HAZY DAZE-POWDER DAY』でしたが、今回は山ぶどうを使ったヘイジーIPAの様ですね👀。久しぶりですがどんな感じに仕上がってるのか楽しみです✨

イナデイズブルーイング(HAZY DAZE with WILD GRAPE)_イメージ01

『In a daze Brewing(イナ デイズ ブルーイング)』HAZY DAZE with WILD GRAPE(ヘイジーデイズ ウィズ ワイルドグレープ) 詳細

ビール名:HAZY DAZE with WILD GRAPE(ヘイジーデイズ ウィズ ワイルドグレープ)
ブルワリー名:In a daze Brewing(イナ デイズ ブルーイング)
スタイル:Hazy IPA
アルコール度数:8.0%
IBU:38
URL:In a daze Brewing(イナ デイズ ブルーイング)
facebook:In a daze Brewing(イナ デイズ ブルーイング)

こちらが、その「HAZY DAZE with WILD GRAPE(ヘイジーデイズ ウィズ ワイルドグレープ)」のビール画像です。

HAZY DAZE with WILD GRAPE(ヘイジーデイズ ウィズ ワイルドグレープ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある山吹色の方がしっくりくるかな
香りは、山ぶどうよりはトロピカルさを感じるかな
飲み口は、ホップの苦味はほとんど感じれず持続性は飲み後に舌奥で感じるがそこまではないかな。また、求めてる甘さは少しだけ感じる。そして飲んだ瞬間トロピカルさからのヘイジーフレーバーが華やか。ややアルコール感を強めに感じ、舌奥でちょい苦味が残る。ボディはミディアムで飲みやすく後味に甘さもあるが、“山ぶどう”さんが…脳に捜索願いを出しても発見できなかったのは残念だが、コクもありヘイジーIPAとして好みな方のビールでした😄

信州大学農学部さんの山葡萄

この「HAZY DAZE with WILD GRAPE(ヘイジーデイズ ウィズ ワイルドグレープ)」ですが、昨年も醸造された様ですがビアっぷるは飲んでなかったので今回が初飲みですね。ホップは残念ながらわかりませんでした。そして原材料にはラクトースの文字がないので使われてない様ですが、ビール名にもある様にワイルドグレープが使われてます。

イナデイズブルーイング(HAZY DAZE with WILD GRAPE)_イメージ02

コチラは信州大学農学部さんが栽培された山葡萄🍇との事で通常はワイナリーさんへ出荷されるの物を使って醸造された限定醸造🍺との事ですね。ただヘイジー自体はしっかりされてるのだが、山葡萄さんがそこまで感じれなかったので出来ればもっと主張されたヘイジーだったら良かったかな💦。

オンラインショップでSOLD OUT…

因みにこのビールは、

イナデイズブルーイング(トップイメージ)_03

公式の“オンラインショップ”で販売されてるかと思いきや、残念ながらSOLD OUTでした。って、他にはアカモズサイダーも気になったのですが何よりボトルのみだったはずが…とうとう缶も導入されてるんですね!?。まぁ、他のブルワリーさんでも缶での販売は多くなっており、輸送コストや軽さ等を考慮すると缶の方が良い気もするが…“缶詰機”自体がかなり高額!!という話も聞いてるので、他社でお借りして缶詰めしてるブルワリーさんもいますが、今やこのコロナ禍で家飲みが増えてるのも事実。そんな中で缶の導入は卸し先にもオンラインショップでの購入者にも優しい嬉しい対応となり、売上も見込める気がするのでむしろ導入した方が良さげな時代と思えてるビアっぷるです👀 

はい、という事で今回は、長野県は伊那市にある『In a daze Brewing(イナ デイズ ブルーイング)』さんから、「HAZY DAZE with WILD GRAPE(ヘイジーデイズ ウィズ ワイルドグレープ)」をご紹介しました。関東側で樽で飲める箇所はかなり少ないと思うブルワリーさんですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 麦雑穀工房(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となる埼玉県比企…
  2. カマドブリュワリー(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、岐阜県は瑞浪市である「Camado…
  3. Far Yeast Brewing(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、山梨県は北都留郡にある『Far Y…
ページ上部へ戻る