『忽布古丹醸造(ホップコタン)』から「ねんごろホップセッションIPA」を樽で飲んでみました~

ホップコタンロゴその2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、久しぶりに『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんのビールを敢えて飲んでみました。
アメリカンセッションIPAという事で「ねんごろホップセッションIPA」を紹介したいと思います。
因みにビール名の“ねんごろ”とは、心がこもってるさま、親しいさまという意味だそうです^^;

ビール名:ねんごろホップセッションIPA
ブルワリー名:忽布古丹醸造(ホップコタン)
スタイル:アメリカンセッションIPA
アルコール度数:4.5%
IBU : 42
facebook:忽布古丹醸造(ホップコタン)

こちらがその「ねんごろホップセッションIPA」のビール画像です。
忽布古丹醸造(ホップコタン) ねんごろセッションIPA
見た目はやはり前から思いますが黄金色と綺麗なビールを造りますよね~素晴らしい。
また、香りですが柑橘系っぽい感じはするがフルーティーさが少なめに感じるかな。
飲み口ですが、ホップの香りが先にきましたがトロピカルさやフルーティーさは程よく感じるも、
甘味はなく苦みも抑え気味でアルコール度数が低いせいかスッキリでスイスイと飲める。が、
シンプル過ぎて特徴がないだけにビアっぷる的にはやはり物足りなく好みではないかな^^;

久しぶりに『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんのビールを飲みましたが、
最近、facebookでもどこのビアバーでも『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さん見かける様になりましたね!
ビアっぷる的に勝手ですが気になってる事が…
・『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんビールがいつでも飲めるのはプレミアム感が…
・スタイルがシンプルで限定醸造好きの飲み手が多い時代にシンプルさがどこまで…
この2点かな^^;

例として、未だに京都醸造さんの立ち上げ当初から今までのブランディングが素晴らしく思ってるビアっぷる。
立ち上げて間もなく一気に頭角を現してきましたが、限定醸造ビール&ネーミングがハマった。
そしてビールの卸すサイクルがある一定の期間を空ける事で飲み手が『レアなら余計飲みたいという』レア感を出せた。
また、HPのサイトのデザインやメールでの受発注の公平さを保つ為の対策や対応等々があり、
今や京都醸造さんのビールは大半のビアバーで見られ、ビアバーにて1つ2つ繋がっても早い段階でビールが無くなるイメージ。
これは今までの売り方やブランディングがうまくいった証拠で素晴らしいブルワリーさんだと思ってます。

そこで『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんのブランディングとレア感ってどうかな?と思ったのですが…
醸造開始してまだ間もないにも関わらず、さすがクラウドファンディングで即完売というほどファンが多いヘッドブルワリーで
関東以外も含めて一気に広まったなぁ~と。また、同時に『今はシンプルで丁寧なビールを造りたい』という事から、
綺麗で丁寧なビールが多く造っておりながら超ハイペース!?的な勢いで今やワイマーケットさんにも匹敵するビールが次々と出てるのも凄い^^;
反面、今や限定醸造がこれだけ出てる時代にシンプルなビールがどこまでハマっていくのか?
醸造量がかなり造れる環境があるからこそうまく調整しないとレア度や、
『忽布古丹醸造(ホップコタン)』のブランド名を維持していくのは企業としては凄く大切だと思うんですよね。
負のイメージがついたら人はなかなか戻せないですからね!!
と言いつつ、ビアっぷるは『反射炉ビヤ』さんみたいな劇的にプラスに変わった事もありましたが(^^ゞ
間違いなく余計なお世話ですがビアバーで長く繋がってるのはあまり良いイメージではないので、
今後はある種腕の見せ所でもありますが、バーレーワインやニューイングランドIPAを醸造して欲しいし、
この先の『忽布古丹醸造(ホップコタン)』の動きを見ていきたいとも思ってるビアっぷるでした(´▽`)

はい、という事で余計な事を話してしまいましたが今回は『忽布古丹醸造(ホップコタン)』から
「ねんごろホップセッションIPA」を樽で飲みました。
シンプルで綺麗なビールを皆さんも機会があれば飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. murmur(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は日光市にある『murmur…
  3. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にあるMarca Br…
  4. 忽布古丹醸造(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造…
  5. 秋田あくらビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、秋田県は秋田市にある『あくらビール…
ページ上部へ戻る