【宮城】ブラックタイドブリューイング:「ケセモイ#282」を樽で飲みました~

ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_02new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんから「Kesemoi(ケセモイ)#282」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はもヘイジーIPAの『Luring Light ver.2.0(ルーリングライト)#271』でしたが、今回はも前回に近いアルコール度数のヘイジーIPAですね。さて、どんな感じでしょうか😊

ブラックタイドブリューイング(ケセモイ#282)_イメージ01

『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』Kesemoi(ケセモイ)#282 詳細

ビール名:Kesemoi(ケセモイ)#282
ブルワリー名:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)
facebook:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)

コチラがその「Kesemoi(ケセモイ)#282」のビール画像です。

ブラックタイドブリューイング(ケセモイ#282)_01

「Kesemoi(ケセモイ)#282」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめ黄色寄りオレンジ(発色が強く申し訳ありません)
香りは、シトラスホップさを中心と思わせる爽やかさ
飲み口は、ホップの苦味は控えめだが持続性はそこまでなし。また求めてる甘さより加糖っぽく感じる甘さあり。そしてトロピカルな感じと、シトラシーさが主張された様なホップさ。ジューシーさや、控えめだが清涼感も感じれ爽やかで心地よい。ボディはミディアム寄りのライトで飲みやすく飲み応えもしっかり。好バランスでビアっぷるの好みな方のビールでした✨

ハイアルより、5~7.0%以内のヘイジーが…

この「Kesemoi(ケセモイ)#282」ですが、自分でもよやだが通常ver.が初飲みのビアっぷる。過去2021年の6月に、缶にて『Super Kesemoi(スーパーケセモイ)』は飲ませて頂いてたが今回比べる事はできず。そんな今回のビールは、ホップはアイダホ7とシトラのクライオの2種類。モルトはピルスナーやウィート等などで、その他原材料は糖類を使用したか不明だが醸造されたのはヘイジーIPA。先ず、スーパーだろうがスーパーじゃなかろうが共にヘイジーIPAとの事で、見比べてみると2021年は山吹色…から、黄色寄りなオレンジでビアっぷるが勝手に拘るヘイジーの色味は理想。また、味わいもシトラス感の爽やか。そしてジューシーさもあり、何よりアルコール度数7.0%で飲みやすく飲み応えもある事が完成度の高さを感じさせてくれました✨。また、好みは人それぞれで話は少し逸れますが、国内でヘイジー時代が始まってからこれだけヘイジーIPAを飲ませて頂いてると…アルコール度数8.0以上よりは、“5.0~7.0%内でいかに飲みやすく飲み応えのあるヘイジー”を求める様になった😅。中でも代表格はブレイクエッジさんで、ほぼ7.0%だが高確率で期待に応えてくれる。また、バッチに寄ってややブレがある場合も無きにしもあらずだが、ひでじさんの『Fresh Kiwi Hazy IPA(宮崎キウイヘイジーIPA)』やガンギさんの『Swoony(スウーニィ)』は共に5.0%。そして湘南ビールさんの『Hazy IPA(ヘイジーIPA)』は6.0%と、ハイアルの濃いのも悪くないが、全体的なバランスを考慮するとこういうのがしっくりくる様に変わってきた。はい、話は戻して今回はそれに匹敵するビールだったのだが、今後もブラックタイドさんには“色味”とこの絶妙な“飲みやすさと飲み応え”のあるヘイジーをリリースしてくれるのを勝手ながら願ってしまうビアっぷるでした😊

はい、という事で今回は宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんの「Kesemoi(ケセモイ)#282」をご紹介しました。ジューシーさもあり爽やかさを感じる、飲みやすいヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. ブルークラシック(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、石川県は金沢市にある『Brew C…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る