【京都】京都・一乗寺ブリュワリー:「一乗寺レッドエール」をボトルで飲んでみました~

京都・一乗寺ブリュワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回はこのブログで初登場のブルワリーさんですが老舗でもあります。京都府は京都市にある『Kyoto Ichijoji brewery(京都・一乗寺ブリュワリー)』さんから、「Ichijoji Redale(一乗寺レッドエール)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。一乗寺さんの🍺ですが、存在は昔から知っておりボトルでよく見かけてはいたものの、結局飲まずじまいと縁がなかった。今回はビア仲間のプレゼントで飲める機会となりました~😄

京都・一乗寺ブリュワリー(一乗寺レッドエール)_イメージ01

『Kyoto Ichijoji brewery(京都・一乗寺ブリュワリー)』Ichijoji Redale(一乗寺レッドエール) 詳細

ビール名:Ichijoji Redale(一乗寺レッドエール)
ブルワリー:Kyoto Ichijoji brewery(京都・一乗寺ブリュワリー)
ビアスタイル:レッドエール
アルコール度数:6.0%
IBU:30
URL:Kyoto Ichijoji brewery(京都・一乗寺ブリュワリー)
facebook:Kyoto Ichijoji brewery(京都・一乗寺ブリュワリー)
備考:定番ですが限定醸造カテゴリに入れます

コチラがその「Ichijoji Redale(一乗寺レッドエール)」のビール画像です。

京都・一乗寺ブリュワリー(一乗寺レッドエール)_ボトル01
京都・一乗寺ブリュワリー(一乗寺レッドエール)_ボトル02

Ichijoji Redale(一乗寺レッドエール)」 飲み応えレビュー

見た目は、濁りがあり透け感がない濃いブラウン系という感じでしょうか
香りは、モルトか?バーレーワインっぽさを思わせる芳醇さ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性としては喉奥で残る感じかな。また求めてる甘さはない。そしてホップフレーバーはそこまで感じず、モルト?からか良く言うと…バーレーワインの様な芳醇さを感じる。飲み後にはモルト由来であろう優しく程よい甘さが感じれホップの苦味が優しく残る。ボディはミディアム寄りのライトでかなりスイスイ飲めるが、コクや飲み応えが物足りず、残念ながらビアっっぷるの好みには至りませんでした💦

オレンジピール入りレッドエール

この「Ichijoji Redale(一乗寺レッドエール)」ですが、ホップは記載がなくわからず。また、原材料にはローストバーレイとオレンジピールを使い醸造されたレッドエール。醸造は2011年から開始されてる老舗のブルワリーさんで初飲みですが、正直今まで他ブルワリーさんで飲ませてもらった“レッドエール”とは少々違う印象を受けた。全体的にライトさはいいがビール自体にレッドエール感を感じないのだが…まぁ、ブルワリーさんがレッドエールというならコレもレッドエールでしょう😅。そしてコレも少々気になったのが、レッドエールにオレンジピール!?。一応、何度も飲んでは探し飲んでは探しを繰り返したものの…見つけきれなかった。因みにビアっぷるはレッドエールで好みが少ないのだが、唯一ビアっぷるが好むのは、樽(ドラフト)で飲む風の谷さんの『レッドエール』。濃く奥深い感じで、今回の🍺は好みとは逆方向な感じかな🤔。もちろん好みは人それぞれですし、現に定番ビールとして根付いてるという事で地元でも愛されてるでしょうし、それだけ多くのファンがいらっしゃる証拠。🍺を否定してる訳でもないので悪しからず😅。

はい、という事で今回は京都府は京都市にある『Kyoto Ichijoji brewery(京都・一乗寺ブリュワリー)』さんから、「Ichijoji Redale(一乗寺レッドエール)」をご紹介しました。今までとは違う印象を受けたレッドエール。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る