【三重】ひみつビール:「らっこののみもの」を樽で飲みました~

ひみつビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、三重県は伊勢市にある『Himitsu Beer(ひみつビール)』さんから「らっこののみもの」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Kinkan Blond(キンカンブロンド)』でしたが、今回は全ひらがなで可愛く感じた“ビール名”に惹かれて飲ませて頂く事に✨。さて、どんな感じでしょうか😄

ひみつビール(らっこののみもの)_イメージ01

『Himitsu Beer(ひみつビール)』らっこののみもの 詳細

ビール名:らっこののみもの
ブルワリー名:Himitsu Beer(ひみつビール)
ビアスタイル:マイクロジューシーIPA
アルコール度数:3.5%
IBU:???
URL:Himitsu Beer(ひみつビール) なし
facebook:Himitsu Beer(ひみつビール) なし

コチラがその「らっこののみもの」のビール画像です。

ひみつビール(らっこののみもの)_01

「らっこののみもの」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのある山吹色という感じかな
香りは、表現しにくいがグラッシーっぽさを感じるかな!?
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はそこまでなし。また求めてる甘さは微あり。そして柑橘+グラッシーっぽいホップフレーバーに、ジューシーさはピンとこないが優しめなモルト感。飲み後には微だが甘さがあり、温度上昇でホップはホロ苦さへ。ただ、アルコール度数3.5%ながらミディアムにも思えるしっかりしたボディ感。飲みやすさと飲み応えからも技術力を感じる。ホップ感が好みには至らなかったが、このボディ感はとても好印象だったビアっぷるでした✨

このアルコール度数でこのボディ感は好印象

この「らっこののみもの」ですが、ホップはネルソンソーヴィンとネクタロンの2種類を使用。その他原材料には小麦や、ラクトースにデキストリンを加え醸造されたマイクロジューシーIPAとの事。飲ませてもらう前は、アルコール度数3.5%は薄いんじゃないか?と半信半疑だったが…良い意味でかなり期待を裏切る好印象なボディ感✨。ふと思い出したのが、2021年に飲ませてもらったWCBさんの『_VIBE_MACHINE(ヴァイブマシーン)』。同アルコール度数3.5%でコチラはベルリーナヴァイセでビアっぷるは好みだったが、今回も同様に思えるしっかりしたボディ感で素晴らしい造り😍。そりゃラッコさんももちろん好みそうですし!?、夏はすぐそこ!というこの時期だからこそ低アルコール+このボディ感を好まれる方も非常に多いのでは!?✨。我儘がてらビアっぷる的に興味があるのが、このビールベースで“様々なホップでの組み合わせ”。様々な顔が出てきそうですし、シリーズものにもなりそうな予感…って余計なお世話ですが😅。いやはや、低アルコールだからと言って飲まずじまいにならなくて良かった。別ホップver.がリリースされた際には、もちろん飲ませて頂きたいと思わせるビールでした😄

はい、という事で今回は、三重県は伊勢市にある『Himitsu Beer(ひみつビール)』さんから「らっこののみもの」をご紹介しました。低アルコールでシンプルながらも、ボディ感のインパクトが好印象のビール🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る