『KAKEGAWA FARM BREWING × 一騎醸造』から限定コラボビール第二弾の「コウジノチカラⅡ」を樽で飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

前回の『KAKEGAWA FARM BREWING × 一騎醸造』さんの限定醸造コラボビール『コウジノチカラ』の第二弾、「コウジノチカラⅡ」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。いやぁ『コウジノチカラ』はアンバースタイルでしたがアンバーが苦手なビアっぷるでも好みに近かったので第2弾となればより期待したくなります(^^)

ビール名:コウジノチカラⅡ
ブルワリー:KAKEGAWA FARM BREWING × 一騎醸造
ビアスタイル:ブラウンエール
アルコール度数:7.5%
facebook:KAKEGAWA FARM BREWING
facebook:一騎醸造(いっきじょうぞう)

コチラがその「コウジノチカラⅡ」のビール画像です。

カケガワファーム×一騎醸造(コウジノチカラⅡ)

見た目は、赤褐色で透け感はないかな。
香りは、モルトか?ロースト感が思ったより強めに出て更に甘さを感じた。
飲み口は苦味がほとんどなかったが、口の中に甘さが思ったより残るのは気になる。ビール自体はしっかりで重さがあるしアルコール度数も7.5%と高くなかなか効くのだが、いかんせんこの甘さはビアっぷるの求めてる甘さではなかっただけにパイントで頼んだが、飲み切るのも時間がかかってしまい最後の方はキツかった。この甘さは何から出た甘さのなのだろうか?と疑問に思うが、ビアっぷるの好みではありませんでした^^;

カケガワファームブルーイングロゴ

はい、この「コウジノチカラⅡ」ですが、kakegawaさんのfacebookではブラウンエールをベースに、麦麹とさつま芋にキャンディシュガーを原材料で使っているそうです。また、ベルジャンアベイイーストを使い発酵させた事により、“バナナ+サツマイモの様な香り”に、“キャンディーシュガーのローストした香りと甘味”を感じる飲みやすい味に仕上がったとの事。

うーん、バナナ+さつま芋がどうしても良い香りには思えなかった。。。
またこの甘さはキャンディーシュガーの甘さという事になるのだろうがシュガーを入れての甘さはより成分の方の甘さが欲しいビアっぷるには甘さが好みではない方へ出来上がった感じかな。

一騎醸造ロゴ1

また、一騎醸造さんのfacebookでは『焼酎麹で用いられる白麹菌で醸した麦麹に、芋焼酎のモロミをヒントにサツマイモ(焼芋)をマイシェ(糖化モロミ)に投入。さらにベルギービールではお馴染みというキャンディシュガーもブレンド』され、ベルギービール伝統の自然発泡を施したとの事。

はい、相変わらずですが醸造にあまり興味はないビアっぷるですが、文章からはベルギーの要素と材料、そして日本の要素と材料をうまく融合させた感がしっかり伝わり、コラボしたという意味や意図も伝わりました。

以前にもこのブログでお伝えしたのですが、決してコラボレーションをする事が悪いと言ってるのではない事を前提に、よく見かけるブルワリー×ビアバーのコラボビールは何をお互い提供したのか?等の内容が見えてない事が多い。その点、今回の様にお互いの強みを活かしたコラボレーション内容が表面に出てると、飲み手側としては“何故コラボしたのか?”の意図を理解し、よりビールへの思いが変わってくるし、ビールも活きてくると思ってるんですけど、その流れは今後も続くかなぁ?…(^^;)

話はビールに戻して、ビアっぷるは今回の「コウジノチカラⅡ」より前回の『コウジノチカラ』の方が好みでした。今後もブルワリーさん同士で色々な事をしたいはずですし、守りに入らず攻めてる感じがしてこの2ブルワリーさんのコラボビールは大賛成。コウジノチカラⅢ、コウジノチカラⅣとビアスタイルを変えて定期的に出してもらえると嬉しいですね~(´▽`)

はい、という事で今回は『KAKEGAWA FARM BREWING × 一騎醸造』さんから限定コラボビール第二弾の「コウジノチカラⅡ」を紹介しました。意図が伝わるコラボビール、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してます。もしご興味があれば是非他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
  2. 常陸野ネストビール(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、もうクラフトビール業界では有名過ぎ…
  3. 秩父麦酒(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒…
  4. 浜松クラフトビアフェス2019 in ソラモ(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  はい、今回で第2回目となる『浜松…
  5. T.Y.HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバー・ブルワリー)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都品川区にある『T.Y.HAR…
ページ上部へ戻る