【愛知】ワイマーケットブルーイング:「サンデーサンデー」を缶で飲んでみました~

Y.MARKET BREWING(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから、「SUNDAY SUNDAE(サンデーサンデー)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Ekuanot Hazy Pale(エクアノットヘイジーペール)』でヘイジーでもペールエールでしたが、今回はヘイジーIPAですから楽しみです😄

ワイマーケットブルーイング(イメージ画像)_01

『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』SUNDAY SUNDAE(サンデーサンデー) 詳細

ビール名:SUNDAY SUNDAE(サンデーサンデー)
ブルワリー名:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:11.2
URL:Y.MARKET BREWING
facebook:Y.MARKET BREWING

コチラがその「SUNDAY SUNDAE(サンデーサンデー)」ビール画像です

ワイマーケットブルーイング(サンデーサンデー)_缶01
ワイマーケットブルーイング(サンデーサンデー)_缶02

SUNDAY SUNDAE(サンデーサンデー)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴでくすみのある黄色という感じでしょうか
香りは、華やかなヘイジーさとビアっぷるセンサーが反応するホップ感…
飲み口は、ホップの苦味はやや感じ持続性も喉奥で少しだけ残る印象。また求めてる甘さを微感じる。そして柑橘っぽいホップフレーバーと何だろ?ちょいグラッシーな感じも。滑らかな口当たりにジューシーさと程よい苦味、飲み後には僅かながら甘さを感じもう少し欲しいのが本音だが、奥深さとコクとの絶妙なビールバランスがGOOD。ボディはミディアムでアルコール度数7.5%に飲み応えあり、ビアっぷるは好みな方のビールでした✨

相変わらず安定のヘイジーIPA

この「SUNDAY SUNDAE(サンデーサンデー)」ですが、ホップはギャラクシーにカスケード、ローラルとアイダホ7、そしていましたビアっぷる苦手なモザイクホップさんの計5種類。原材料にはオーツ麦等を使い醸造されたヘイジーIPAですね。最近ビアっぷるお気に入りの純粋なワイマさんのヘイジーIPAですが、今回は柑橘さが強めで何となくフルーティー感も感じれたホップ感と、苦手なグラッシーさがあるモザイクホップ感は意外と許容範囲内。ヘイジーIPAで何より奥深さとコクがしっかりあり、特に加糖されるのではなくビアっぷるがいつも求めてる“醸造過程で出る甘さ”を感じる率が高いのは、醸造技術の素晴らしさと勝手に思ってるがコレが相当大きいんですよね😁。その上、今回は缶のラベル色に惹かれたビアっぷるですが、アルミ缶を剥き出しは毎度も薄い紫の色味が購入意欲をもそそられました🎵。シンプルさの中にセンスを感じる缶ラベル、いいですね~😁。また、🍺を仕入れに行く際はワイマさんの純粋なヘイジーIPAが販売されてたら、最低1本は購入したいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから、「SUNDAY SUNDAE(サンデーサンデー)」をご紹介しました。甘さは弱めも全体的バランスがいかにも好まれそうなヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る