【JAPAN BREWERS CUP 2019】にてIPAやピルスナーなど、各部門で審査結果が発表!!

JAPAN BREWERS CUP 2019(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、「JAPAN BREWERS CUP 2019(ジャパンブルワーズカップ)」が、昨日から3日間、1月25日(金)~27日(日)までとなりますが、神奈川県は横浜市にある大桟橋で開催されてます。既にビア仲間がfacebookで連絡がきたりとかなりかなーり盛り上がってる様ですね~^^

そんな中、ビールの審査結果が発表されましたのでご紹介したいと思います。
相変わらずビアっぷるは「ピルスナー部門」のみ興味があるのですが、他の部門もどのブルワリーさんのどんなビールが受賞したかは知っておくことは大切ですので要チェックです!

因みに昨年の『JAPAN BREWERS CUP 2018 審査結果』はこんな感じでしたよ~(´▽`)
それでは早速ですが2019の審査結果からお伝えします。

JAPAN BREWERS CUP 2019(ロゴ1)

【ピルスナー部門】
1位:ピルスナー(鎌倉ビール)
2位:Frisch Pils(㈱浜松アクトビールコーポレーション)
3位:タッチダウン ピルスナー(八ヶ岳ブルワリー)
4位:Desitka(Pivovar Matuska)
5位:ベイピルスナー(横浜ベイブルーイング)
6位:淡海ピルスナー(長浜浪漫ビール)

【IPA部門】
1位:アトマイザーウルトラソニックインフューズドIPA(フルセイルブルーイング)
2位:Devil Juice Double IPA(デビルクラフト)
3位:Sticky Fingaz New England IPA(湘南ビール)
4位:リトルIPA(リパブリュー)
5位:NekoNihiki(伊勢角屋麦酒)
6位:僕ビール、君ビール。新商品 Brut IPA(ヤッホーブルーイング)

【小麦系部門】
1位:足柄ヴァイツェン(箱根ビール)
2位:ヴァイツェン(横浜ビール)
2位:東京ホワイト(Far Yeast Brewing)
4位:遙風(籠屋ブルワリー)
5位:ヴァイツェン(那須高原ビール)
6位:ベイヴァイス(横浜ベイブルーイング)

【濃色系部門】
1位:PEANUT BUTTER MILK STOUT(BELCHING BEAVER BREWERY)
2位:The Black Bear(TAIHU BREWING)
3位:アイリッシュスタウト(テタールヴァレ)
4位:ちょんどいい けやぐ(Be Easy Brewing)
5位:Devil’s footprint barleywine ’17(デビルクラフト)
6位:Night Drift Bourbon Barrel-aged(ブラッセルズ)

※新設【ペールエール・ゴールデンエール系部門】
1位:Johnny Utah Pale Ale(Georgetown Brewing)
2位:東京ブロンド(Far Yeast Brewing)
3位:金鬼ペールエール(のぼりべつ地ビール鬼伝説)
4位:空知エール(滝川クラフトビール工房)
5位:ゴールデンスワンレイクエール(スワンレイクビール)
6位:Hyakkendana Beer(AJB
)

という結果になった様ですね。

ビアっぷるが毎回気になるピルスナー部門ですが、まさかのと言っては失礼だが…1位が鎌倉ビールさんのピルスナー!?これは意外中の意外でした。理由としては、そもそも鎌倉ビールさんのビールはボトルが大半で樽で飲めるとこはほぼ見かけない。正直ビアっぷるは完全にスルーしてたブルワリーさんで、今回のこの審査で1位ならば是非樽で飲んでみたいですね。そして2位が静岡県浜松市にあるマイン・シュロスさんですか。一度は現地で飲んでみたいと思ってたピルスナーでこちらも今年受賞されるのはビアっぷる的に想定外でした。因みに鎌倉ビールさんのボトルは過去に飲みさすがに味が厳しかったのを覚えてますが、だいぶ前の話ですのでブルワリーさんの技術が向上されたのでしょうね。一方、マインシュロスさんはまだ飲んだ事ないんですよね~、昨年現地に行くか候補に挙がってたブルワリーさんですので今年には飲み行ければと思ってます(´▽`)

しかし今回受賞されたブルワリーさんとビールを見て昨年に比べガラッと受賞ブルワリーさんが変わりましたね。特に海外のビールは輸入技術の向上もあり部門毎にシェアを広めてきた感じ。そして国内で醸造される外国のヘッドブルワーさんが増えた事も影響してる点でしょうか。何より残念なのが老舗ブルワリーさんの妙高高原ビールさんやアウトサイダーブルーイングさん等々他にも大多数の有名ブルワリーさんが受賞してないというのも意外過ぎ。ただ主催でもある横浜ベイブルーイングさんが2部門受賞されたのは嬉しいですね!

この結果に至った要因は…審査をされる方の舌が良い意味で変わったのか!?それとも全体的にブルワリーさんの技術が高まり良い意味でレベルが拮抗してきたのか!?と色々と考えますが、また新たなビール時代がきてるんだな…と改めて実感をしてるビアっぷるです(^^;)

あ、そういえば新設された【ペールエール・ゴールデンエール系部門】で4位に
滝川クラフトビール工房さんの“空知エール”が入賞してる事には非常に嬉しい気持ちになった。何といっても未だにブログに挙げていないがソラチエースを使ったビアっぷる好みの『空知ピルスナー』を醸造するブルワリーさん。ただ、その『空知ピルスナー』ではなくビアスタイル違いのペールエールで受賞!?とは…www 空知ピルスナーをエントリーをしてない噂も聞いてたがビアっぷるが好みの『空知ピルスナー』は来年こそ審査に出してもらいたいないぁ~と(´▽`)
他には、IPA部門の6位にヤッホーブルーイングさんのブリュットIPA!?が受賞も意外で、僕君シリーズがエントリーされてたのもビックリでした^^;

はい、という事で今回は【JAPAN BREWERS CUP 2019 】の審査結果を発表させて頂きました。本日を入れて残り2日間ですがビアっぷるは土日のどちらかでお邪魔予定でございます。皆さんも機会があれば是非、参加してみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してます。もしご興味があれば是非他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
  2. 常陸野ネストビール(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、もうクラフトビール業界では有名過ぎ…
  3. 秩父麦酒(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒…
  4. 浜松クラフトビアフェス2019 in ソラモ(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  はい、今回で第2回目となる『浜松…
  5. T.Y.HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバー・ブルワリー)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都品川区にある『T.Y.HAR…
ページ上部へ戻る