『Kakegawa Farm Brewing』から「Apple Saison Publishing(アップルセゾンパブリッシング)」を樽で飲んでみました~

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、少し前に飲んだビールになりますが静岡県掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、限定醸造のApple Saison Publishing(アップルセゾンパブリッシング)を樽で飲みましたので紹介したいと思います。カケガワファームさんだけに気になるビールではありますが、どんなビールに仕上がったか興味津々です^^;

ビール名:Apple Saison Publishing(アップルセゾンパブリッシング)
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
スタイル:フルーツセゾン
アルコール度数:5.5%
IBU:??
facebook:Kakegawa Farm Brewing

コチラがその「Apple Saison Publishing(アップルセゾンパブリッシング)」のビール画像です。

カケガワファーム(アップルセゾンパブリッシング)

見た目は透き通った茶褐色。
香りは、甘さを感じるがリンゴでもなくモルトでもなくという感じ。
飲み口は、特徴を掴み辛くかなり個性的なビールという感じでホップの苦さはほぼないかな。また、甘さはあるのだがビアっぷるが求めてる成分の甘さとは違う糖分的な甘さでリンゴから出てるのかな?意外なのはリンゴ感よりシナモン感をかんじるのは気のせいか?そこがかなり気になった。カケガワファームさんでは前回のビールに続きビアっぷるの好みから外れるビールでした^^;

はい、この『Apple Saison Publishing(アップルセゾンパブリッシング)』ですが、ベルギーから新たなセゾンイーストを使用したセゾンビールに掛川産のリンゴをたっぷり入れて醸造されたフルーツセゾンの様ですね。あの“甘さ”はリンゴから出てるという事なのか?、それともモルトから出てるという事なのか?見当もつかないが、この甘さは量を飲めば飲む程厳しかったのでパイントで飲むよりは、Mサイズでオススメなビールですね。そしてもう1つ気になったのは原材料で使用されてないのに、“シナモン”の香りや味が残った点。どこからシナモンの様な味と香りが現れたのか不思議でならないが、ビア仲間も同じ感想を言ってただけにどういう事なんだろうか?…そこは興味津々のビアっぷるでした(・_・;)

という事で、この『Apple Saison Publishing(アップルセゾンパブリッシング)』の話しは終わりますが、つい最近新たなビールをリリースされましたね。とれも興味津々だった『一騎醸造×Kakegawa Farm Brewinng』さんのコラボビール、コウジノチカラⅡを先日飲みましたので直ぐご紹介したいところですが…今はビールネタが詰まっており、こちらはおいおい必ず紹介させて頂きますのでお待ちくださいませ~(´▽`)

はい、という事で今回は『Kakegawa Farm Brewing』さんから「Apple Saison Publishing(アップルセゾンパブリッシング)」を紹介しました。飲んでから少し時期がズレましたがまだあると思いますので、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してます。もしご興味があれば是非他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る