【鹿児島】城山ブルワリー:「万咲IPA(まあざくIPA)」を樽で飲んでみました~

城山ブルワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、鹿児島県は鹿児島市にある『Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)』さんより、定番の「万咲IPA(まあざくIPA)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。城山さんって…昨年のアイリュッシュエールを飲んだ以来かな?と、飲みたいブルワリーさんなのですがいかんせん飲める環境が少なく…という事で、久しぶりに定番IPAを飲む事ができました( ´∀`)

城山ブルワリー(トップイメージ)_01

『Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)』万咲IPA(まあざくIPA) 詳細

ビール名:万咲IPA(まあざくIPA)
ブルワリー:Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)
facebook:Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)
※定番ビールですが限定醸造カテゴリへ入れます

こちらがその「万咲IPA(まあざくIPA)」のビール画像です。

城山ブルワリー(万咲IPA)_01

万咲IPA(まあざくIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな濃いめのブラウン系という感じでしょうか。
香りは、弱めなハーブっぽさとホップを感じるかな。
飲み口は、ホップの苦味は意外にも弱めで持続性もそこまでなかった。また求めてる甘さは感じなかった。ホップの優しいフレーバーにモルト感がかなり伝わる感じと、何からかはわからないがやや気になるクセを感じたかな。炭酸は控えめでボディはライトで飲みやすくビールバランスも素晴らしい。ただモルティーな感じは良いのだが、残念ながら好みとまでは至りませんでした^^;

長命草と言われる、“万咲”を使用

この「万咲IPA(まあざくIPA)」ですが、使用されてるホップはわからず。ただ、ホップをふんだんに使用しアメリカンIPAにも関わらずかなり苦味が控えめでモルティー。そしてクセと感じたのは副原料に徳之島で“万咲”と呼ばれる野草(長命草)を使ってるとの事でこれが出てる感じなのかな?4~5年前に飲んだ際には苦味が強めのビールと思ってたのだが、今は苦味控えめのモルティー寄りに変わったのか?それともビアっぷるの舌が変わったのか?はわからないので悪しからずwww。

ベルギー系のビールでも…

因みに城山ブルワリーさんと言えば、他のブルワーさんが好むビールを醸造されるという印象が強い。ビールの完成度がそれだけ高いという事だろうが、ビールを醸造される方達が認めるのだから余程だろう。ビアっぷるの城山さんといえば、もうかれこれ5年位前に飲んだ“小みかんエール”というビールだったかな?オレンジピールやコリアンダーを使ってるベルギー系のビールで、大半が苦手なビアっぷるでも当時唯一好みと思ったビールと覚えている。あれから月日が過ぎ…今飲むとまた違う発見や感想があるかも!?と、どこかタイミングが合えば是非改めて飲んでみたいと思えるビールでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、鹿児島県は鹿児島市にある『Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)』さんより、定番の「万咲IPA(まあざくIPA)」をご紹介しました。定番のIPAですが味は十人十色もビールの完成度は高い。皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る