【京都】京都醸造:「地母神へのささげ」を樽で飲んでみました~

京都醸造(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、京都府は京都市にある『kyoto brewing(京都醸造)』さんより、「地母神へのささげ(WHEAT OFFERING)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。ベルジャン酵母を使ってそうな感じがプンプンしますが…最近の京都さんのビールは好みが多いので飲んでみました~(^_^;)

京都醸造(地母神へのささげ)_イメージ01

『kyoto brewing(京都醸造)』地母神へのささげ(WHEAT OFFERING) 詳細

ビール名:地母神へのささげ(WHEAT OFFERING)
ブルワリー:Kyoto Brewing
ビアスタイル:100%ウィートセゾン
アルコール度数:5.0%
IBU:18
URL:Kyoto Brewing(京都醸造)
facebook:Kyoto Brewing(京都醸造)

こちらがその「地母神へのささげ(WHEAT OFFERING)」のビール画像です。

京都醸造(地母神へのささげ)_01

「地母神へのささげ(WHEAT OFFERING)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめな黄色かな。
香りは、小麦の優しい感じがするかな
飲み口は、ホップの苦味は後味に残るが弱めで持続性もほとんどないかな。また、求めてる甘さはない。口に含んで小麦のフレーバーが優しく包むが後味に
ほろ苦さ?エグみ?の様な感じが若干残る。またコクや深みがないのではなく、今までより控えめだが何か違う様な不思議な味。ボディはライトでドライな印象のビール。残念ながら中々飲み進まずビアっぷる的には好みではありませんでした^^;

100%の小麦麦芽を使用!

この「地母神へのささげ(WHEAT OFFERING)」ですが、ホップはアラミスとあまり聞き慣れないストリスルシュパルトの2種の様ですね。酵母はビアっぷるの苦手なベルジャンエール、モルトはウィートモルト。そして今回は、極めて前例が少ない“100%小麦麦芽”を使用し醸造されたウィートセゾンとの事ですが相変わらずチャンレンジ精神を持たれてるブルワリーさんで飲み手の興味を持たせる試みですね。

多く小麦を使うメリット、デメリットは…

小麦を使う事のデメリットは、
・使えば使うほどビールの代わりに穴の開いた巨大な穀物の塊ができる
また、メリットは、
・小麦麦芽のパンの様なアロマや柔らかい甘さには独特のおいしさがある
という事だそうです。詳細は公式サイトを拝見頂きたいところですが、そこを加味されヨーロッパ産のスパイシーでハーブの様な特徴を持つホップでドライで味わいの複雑さを出した様ですね。今回のビールはビアっぷるは好みではありませんでしたが、毎度ビールの詳細をしっかり記載してくれる京都醸造さんには感服です。醸造には未だ興味がないビアっぷるですが、こうやって想いがわかれば飲んだ時のビールの味や香り、想いまでも伝わるというのはとても素晴らしく必要な事と思っています。大変な作業かもしれませんが、今後も1つ1つのビールの“想い”を伝え続けて欲しいと願うビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で京都府は京都市にある『kyoto brewing(京都醸造)』さんより、「地母神へのささげ(WHEAT OFFERING)」をご紹介しました。珍しい小麦麦芽100%のビールとの事で、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る